FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

アベンタドール カーボンモノコックキャビン  

CIMG3657.jpg


↑アヴェンタドール、右シート後部付近

薄い内張りを取外すと、カーボン素材の折り目が見えます

アヴェンタドールは、カーボンモノコックキャビンです。



CIMG3720.jpg


CIMG3721.jpg

↑アンダーシャーシ、エンジン下から、カーボンモノコックキャビンの右後ろ下付近のアングル
カーボンモノコックキャビンの、カーボン素材が見えます

カーボンモノコックキャビンの前後に、アルミフレームがボルト留めされています。




CIMG3713.jpg
↑写真向かって左が、車両前方です

左右のロアアルミフレームがYの字形状にて、カーボンモノコックキャビンにボルト付けされています




CIMG3711.jpg

リヤフレームは、大雑把に言うと、左右アッパーとロアのフレームが、カーボンモノコックにボルト付けされています。




アヴェンタドールの、フレームレイアウトがわかる、画像でした
スポンサーサイト

category: ランボルギーニ

tb: 0   cm: 0

G63  

CIMG3598.jpg
正真正銘、フルモデルチェンジした
新型 G63 AMG

事前に、ネット等の写真で見ていた雰囲気より、
実車は、いい雰囲気、全てが新しく、大きくなった感じです。




Gクラスがデビューしたのは、1979年(W460)
そして、先代のGクラスのデビューが、1990年(W463)
W460とW463の違いは、オーバーフェンダーとサイドステップ、フルタイム4WDぐらいでした。

先代のW463デビューから数えても、28年ぶりのフルモデルチェンジ
30年近く、ほぼ同じボディだった事も、他に例はありません。
驚異的なモデルサイクルで、なおかつ先代最終モデルまで人気を持続させていました。
ちなみに、G63 6X6(6輪車)が出たのは、2014年でした


先代の同じG63モデルと比較して、長さ30cm、幅12cm大きくなり、
ボディも大きくなりましたが、室内も大きくなりました。
旧ゲレンデは、オーバーフェンダーにはなっていましたが、ボディは、細くて小さい車でした




CIMG3599.jpg
サイドシルエットは、ゲレンデそのもの

10年ぐらい前から、何度も、モデル消滅やフルモデルチェンジのうわさがありましたが、ついに出ましたね



G63.jpg

四角いシルエット、背面タイヤやルーフレール、飛び出したドアヒンジ、

古いデザインを継承するのは難しいところだったと思いますが、
ゲレンデの、歴史とアイデンティティは受け継がれています。







CIMG3602.jpg





CIMG3605.jpg

センターの吹き出し口の間の一等地には、3つのデフロックスイッチ
3つともロックすると戦車のように走れますが、使う事はないでしょう
100m防水の高級ダイバーウォッチのように、100m潜る事なくても街中でつけている感覚でしょうか?


メーターとナビモニターは、最新メルセデスらしく、フル液晶モニター
最近は、モデルチェンジごとに、ステアリングのスイッチが増えてる気がします。



CIMG3597.jpg

エンジンは、AMG最新 バンクインツインターボのV8、4000cc 585PS

先代のG55ぐらいまでは、いい感じで面白いのですが、G63は明らかにオーバーパワーで、ふらつきも大きく感じ、
どうしても古さを感じ、それが独特な感じで、人気もあったのですが、
新型は、ふらつきもなく、乗り味の全てが新しい!






G631.jpg
早速、シャーシ廻りも、ガラッと変わったと言われる、下廻りを見てみましょう。





G632.jpg
左フロントアングル
フルモデルチェンジで、軍用車のような車軸式アクスルから、ついにダブルウィッシュボーン式サスペンションになりました
これにより、オンロード性能が飛躍的によくなりました。





G633.jpg
右フロントアングル






G634.jpg
リヤは、先代と同じ、車軸式アクスルです

車軸式アスクルの方が、極悪路では足がよく伸びるという理屈です。





G635.jpg
左リヤアングル





CIMG3594.jpg
ラダーフレームは残っています。
ミッションは9段になり、ミッション右には、AMG専用ミッションオイル用水冷オイルクーラーが装備されています。





CIMG3608.jpg
安心して下さい!
飛び出したドアヒンジは付いていますよ

面白いのは、先代はフラットのパネルに両面テープでモールが付いていましたが、
新型は、パネルが盛り上がっています



category: ベンツ Gクラス

tb: 0   cm: 0

今日のピットクルー! NEW G63 デビュー  

CIMG3578.jpg





CIMG3577.jpg





CIMG3576.jpg

category: ブログ

tb: 0   cm: 0

ミニクーパー クラッチ交換  

CIMG3426.jpg
BMW ミニ  クラッチ交換作業

入庫依頼は、走行時「ク~」異音でした。
珍しい症状です。





ミニ1

フロントバンパー、ラジエター等、フロントセクションAssyを取外してから、

エンジンミッションを、フォークリフトで取外します



CIMG3424.jpg






CIMG3425.jpg




CIMG3420.jpg
今回の、修理ご要望である、 「ク~」異音 は、
試運転すると、クラッチから出ているように感じました。

原因は、恐らく、エンジン・ミッションの境目の上部にサーモスタットケース(樹脂製)があります。
ここから、クーラーントが漏れて、クラッチケース内に染みたのだと思います

また、レリーズベアリング不良の可能性もあります


珍しい、症状でした!

category: ミニ

tb: 0   cm: 0

フェラーリ 599  

CIMG2542.jpg
フェラーリ 599

フロント V12 エンジン が、特徴的なモデルです。








CIMG2544.jpg
↑写真向かって右が、フロント方向

下から見ると、改めて、V12エンジンが長く見えます

ドライサンプなので、オイルパンはありません
エンジン後方には、乾式クラッチケース
このレイアウトは、当ブログに前回登場した、クワトロポルテと一緒ですね

599は、セミATです
次のF12は、デュアルクラッチミッションになりました


 




CIMG2546.jpg
↑リヤアクスル部
向かって右がフロント方向

リヤアクスル部に、ミッションが搭載されています。

category: フェラーリ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック