ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

ベントレー コンチネンタルGT 左流れ アライメント  

CIMG3079.jpg

現行、ベントレー コンチネンタルGT

走行時、左に流れる 症状

この車種も、軒並み左に流れますね
日本仕様に調整されているメーカーも多いのですが、
恐らく、このメーカーは、日本仕様に調整していないと思います

基本的に先代と足回りは一緒なのですが、
現行のコンチネンタルGTは、21インチになったので、左流れがわかりやすくなった気がします。

(今回の車両は純正ノーマルですが、ローダウンや大径ホィールを取り付けた場合は左流れがわかりやすくなる傾向があると思います)

この車種も、左流れ症状の矯正、攻略しているので、直ります。

スポンサーサイト

category: ベントレー 

tb: 0   cm: 0

リンカーン タウンカー クーラーが効かない  

CIMG2935.jpg

`98 リンカーン タウンカー
約20年前の車両、雰囲気がありますね

今回は、クーラーが効かない症状
最初に、クーラーガスの真空引きと規定量充填を行いました
クーラーガスメーターを見ると、クーラーシステムに異常なしです

それでは、ヒーターバルブが開きっぱなしなのか…? 

次に、テスター診断
エアコンミクスチャーフラップ不良の故障メモリーを確認

室内のクーラーエバポレーターがよく冷えていても、
オートエアコン温度調整の為、ミクスチャーフラップで、ヒーターラジエターの熱風と混ぜるのですが、
その機能が動作不良か?


ミクスチャーフラップモーターの動きが悪いのか?

それを確認するには…
rinkan.jpg
ダッシュパネルを降ろす必要があります

ダッシュを降ろすとエアコンユニットが見え
エアコンユニットの上部に、ミクスチャーフラップモーターが見えます

ミクスチャーフラップモーターを取外し、ミクスチャーフラップの軸を動かすと、プランプラン



ミクスチャーフラップを直すには、エアコンユニットを取外す必要があります
CIMG2953.jpg
エンジンルームと室内の間の隔壁が見えますね



rinkan2.jpg
エアコンユニットを取外し、分解しました

写真左から、外気内気ブロアモーターで吸い込み→エバポレーターとヒーターラジエターの風をミクチュチャーします


CIMG2950.jpg
ミクスチャーフラップの軸が割れていました
ここまで分解しなければ、見えません

発注しても生産終了品なので、
現物を強力な接着剤で固めて、修理しました

category: アメリカ車

tb: 0   cm: 0

SL55 クーラント無くなる  M113エンジン+スーパーチャージャー  

CIMG2916.jpg
SL55 V8+スーパーチャージャー
M113エンジン+スーパーチャージャー

クーラントが減る、ラジエター周りやホース等、外には漏れているところが見当たりません

オイルレベルゲージとオイルフィラーキャップ内を覗くと、かすかに水分が混入しているように見えます。


この世代の、55スーパーチャージャーエンジンは、
ヘッドガスケットが抜けて、クーラーントがエンジンオイルやシリンダー内に入る個体がありますね


CIMG2917.jpg
早速、スーパーチャージャーを取外し
ヘッドカバーを外したところ

シングルカム、3バルブの構造が、よく見えます



113eg.jpg



CIMG2937.jpg
ようやく、シリンダーヘッドが外れました
吸気2+排気1バルブですね、3バルブのレイアウトがよくわかります。

ヘッドガスケットが抜けているので、ひずんでいる可能性があるので、このヘッドを内燃機屋に送り、
ヘッドの面研と水圧テストをしてもらいます

一昔前は、ヘッドの面研と水圧テストは、作業が早くて、安かったのですが
最近は、内燃機屋が少なくなり、昔より、作業時間がかかり、高くなっています。



CIMG2965.jpg
左バンクのシリンダーとピストンが見えてますね

こういう風なブロックの中のシリンダーが独立しているような形状を、オープンデッキといいます。

僕は、オープンデッキタイプの方が、ヘッドガスケットが抜けやすい気がします




CIMG2966.jpg

category: ベンツ SLクラス

tb: 0   cm: 0

ロールスロイス ゴースト オイル漏れ修理  

CIMG2968.jpg

ロースルロイス ゴースト 
今回のゴーストは修理作業項目がたくさんあります。

エンジンオイルエレメントケース、ジョイント部よりオイル漏れがあり
きれいに洗って、エンジンスタートアイドリング時より、かなりの量がタラーっと漏れてきます。

問題のジョイント部の件ですが、
ゴーストの場合、オイルエレメントケースが、オイルパンアッパーと一体で、
オイルパンアッパーとエンジンブロックの間のパッキンを交換する必要があります。




CIMG2969.jpg
問題の、オイルパンアッパーを取外すには、フロントサブフレームを降ろす必要があります。

フロントサブフレームを降ろすには、まずパワステギヤボックスと左右ブレーキシステム・ナックル、ロアアームを取外します。





CIMG2983.jpg

サブフレームの上にエンジンマウントがあり、大きく重たいV12エンジンが鎮座しているので、
サブフレームを取外すには、エンジンを宙ずりに吊り上げとく必要があります





CIMG2984.jpg
ようやく、フロントサブフレームが外れました





CIMG2986.jpg
エンジンオイルパンロアは、既に外れています。

エンジンオイルパンアッパーの一番後ろの丸い部分が、オイルエレメント
そのオイルエレメントが付くところの真上の、オイルパンアッパーとブロック間からオイルが出てきていました。
やはり、この部分に熱を持つのでしょうか?

ゴーストの場合、オイルパンアッパーを取外す必要がありますが、
↑この状態から、まだなかなか抜けませんでした




CIMG2987.jpg

外れた、フロントサブフレームと左右フロントナックル



CIMG2989.jpg
ようやく、オイルパンアッパーが外れました





CIMG2991.jpg

クランクシャフト最後部にあるチェーンは、オイルポンプ駆動用




CIMG2990.jpg

category: ロールスロイス

tb: 0   cm: 1

エンジンオイルエレメントハウジングケース脱着 パッキン交換  

CIMG2424.jpg
ちょっと古い、BMW 直列6気筒エンジン

エンジンオイルエレメントハウジングケースとブロック間のパッキンゴムが硬化して、オイル漏れ


BMW、ミニに限らず、ベンツでも、
最近、このエンジンオイルエレメントケースパッキンのオイル漏れ多いですね。


エンジンオイルエレメントハウジングケースを取外す必要があります。

この部分は、かなり熱いオイルが通るのでしょうか?
経年劣化によるゴムの硬化が原因です。








CIMG2425.jpg




CIMG2426.jpg

category: BMW

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック