FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

珍しい車両が入庫したので、「パシャ」と撮りました。  

DSC00075.jpg

ディアブロVTロードスター
ディアブロの後期モデルで、ロードスター、希少車両ですね
VTとは、4輪駆動の意味です。
約20年前の車両になります。



先日もお伝えしましたが、只今、工場内、大変作業が混んでいます。
特に、重整備が混んでいて、工場内にはいくつも降ろしたエンジン等がバラバラにして置いてある状態です。

重整備のご依頼で入庫待ちや部品待ち等、待っていただいているお客様には大変ご迷惑をおかけてていますが、
順番に一生懸命頑張っているので、もう少しお待ちください。

よろしくお願いいたします。
ピットクルー稲積
スポンサーサイト



category: ブログ

tb: 0   cm: 0

本日のピットクルー  重整備が重なっています。  

DSC00042.jpg
↑本日のピットクルー
皆様、コロナ渦で、影響ございませんでしょうか?

ピットクルーは、最近、重整備が重なっています。



CIMG5642.jpg
↑BMW650i の、V8インバクターボエンジンが降りています

DSC00036.jpg
左バンクのヘッドを分解します。






DSC00009.jpg
↑FIAT500 マニュアルミッション修理です

DSC00011.jpg
マニュアルミッションがバラバラです






CIMG5620_202006031335191e7.jpg
ミュルザンヌのエンジンも降りています
この車両も、全ての部品が国内欠品、本国オーダーで、部品待ち状態です。



CIMG5492_20200603133558519.jpg
ディフェンダーのエンジンもバラバラです

CIMG5493_20200603133621547.jpg
この車両のエンジン内部のパーツは、全て国内になく、3月初旬に発注していますが、まだ、入荷待ちとなっています。


この他、まだ、ランチャーデルタのエンジン・ミッション脱着や、カイエンとマカンのトランスファー交換 等、順番待ちになっています




弊社は、コロナ渦の影響で、3月から、国内欠品本国取寄せの部品が、通常より入荷しにくくなっています。
5月の後半より、ようやく、ベンツ、BMW、ワーゲン・アウデイ等の部品は、少しづつ入荷してきていますが、
少量生産の車両に関しては、まだ、入荷の目途がたっていない状況です。

車検整備やよく出る部品等、国内在庫がある部品に関しては、問題ありませんが、
国内欠品、本国取寄せの部品に関しては、通常より時間がかかっています。

申し訳ございません、よろしくお願いいたします。



category: ブログ

tb: 0   cm: 0

ゴールデンウィーク 休業日のお知らせ  

CIMG5286.jpg

ピットクルーは、例年の暦通り、令和2年5月3日より5月6日まで、ゴールデンウィークとなり、休業させていただきます。

よろしくお願いいたします。

category: ブログ

tb: 0   cm: 0

ボルト1本で苦労!  固着ボルト  

CIMG5206.jpg
G55AMGスーパーチャージャー車
新車から乗っておられる、お気に入りのワンオーナーカーです。

今回は、ウォーターポンプ「ガタガタ」にて、交換作業になりました。

↑傍らに、半自動の溶接機が見えますね…


CIMG5207.jpg
↑ウォーターポンプ交換、作業中の写真
1本だけ取付けボルトが折れました。
ウォーターポンプ交換作業で、ボルトの折損は珍しいですが、さすがに車齢15年10万キロオーバー車、
強烈に固着していました。

今回は、この1本を取外すのに、1日以上かかりました。
最初は、バイスプライヤーで挟んだり、ハンマーでたたいたり、ハンダごてやボルトリムーバーで温めたり、
いろいろしましたが、
びくともせず…

最終的には、半自動溶接機でボルトを溶接して、やっと取り出せました。








CIMG5440.jpg
これは、別の車両、エキゾーストマニホールドの取付けボルトが折れています。
一番奥とその隣と、2本のボルトが折損して、排気漏れしていました。

排気マニホールドやマフラー関係は、熱の影響で、ボルトが折れやすいですね。


↑ガンタイプの道具は、ボルトリムーバー


CIMG5441.jpg
↑白いコイル状の部分を、折れているボルトにかざして、スイッチを押すとボルト部分だけに熱が入り赤くなります。

↑よく見ると、コイル状の部分は触れてはいないですね、熱線コイルではなく、電磁波で熱するようです。
磁石が付く素材に効くようです。

↑このボルトは、今回のボルトリムーバーで、見事に取外せましたが、

その隣、一番奥の折損ボルトは、ツライチで折れている為、ボルトリムーバーは効かず、ほじくりだします。




このように、日常の作業には、ボルト1本取外すために、半日以上かかる事がよくあります。

整備見積書や整備請求書は、技術料(工賃)+部品代になりますね。
技術料は、作業にかかった時間と作業単価をかけたものが、大前提です。
(僕の、思い付きや気分で、決めているわけではありません)

整備見積書の技術料は、標準作業工数X作業単価になります。
工数(指数)とは、「作業経験が3年程度の技術者の作業時間」となっています。

弊社でも、見積書は、標準作業工数を基準に算出していますが、
通常、作業工数通りの時間では、作業出来ない事が多いです。

実際には、今回のブログのように、標準作業時間(工数)を大幅にオーバーする場合もあります。
その場合は、なるべく見積り金額通りで、ご請求させていただきたいのですが、
弊社の見積り書に記載の通り、追加作業が発生して見積り金額を超過する場合があります。





category: ブログ

tb: 0   cm: 0

あけましておめでとうございます。  

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします


ピットクルーは、
本日、1月6日(月)より、通常通り、張り切って営業しています。





CIMG2773_20191227180908658.jpg



今年はどんな年になるのかなぁ…

category: ブログ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック