FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

ベンツ ディーゼルエンジン オイル漏れ修理  

CIMG1090_2020022217540406c.jpg

メルセデスベンツ E350d(W212) 
ディーゼルターボエンジン  オイル漏れ修理

インバンクシングルターボ、V6ディーゼルエンジンです。

リフトアップして下から見ると、エンジンとミッションの間から、真っ黒のディーゼルオイルが漏れているように見えますが、
厳密には、セルモーターの内側付近から出てくるようです。

Vバンク谷間に、水を流すと、やはり、真っ黒のオイルと混ざり水が出てきます。
Vバンクの谷間で、オイル漏れしているようですね。






CIMG1093.jpg

ターボチャージャーを取外したところ、
エンジンブロックから、鋳物でできた土台があり、その上にターボが付きます。

このインバンクターボは、左右バンク外側のエキゾーストマニホールドから、エンジンセンター後部に排気ガスを集め、
タービンを回すレイアウトです。



CIMG1095_20200222175447ad5.jpg

左右のインマニとターボの土台を取外したところ。





CIMG1097_20200222175552a46.jpg

Vバンク谷間に、四角い物体が取り付いていますね。
これは、水冷のエンジンオイルクーラーです。
そのオイルクーラーとブロックの間の、ゴム製パッキンが経年劣化でパリパリになり、だだ漏れになっていました。


メーカー・車種を問わず、オイルエレメントケースやオイルクーラー付近の、パッキンは、高熱になりやすく経年劣化でゴムがパリパリになり、オイル漏れをおこします。

ましてや、ベンツはS600のV12エンジンで、同じようなVバンク谷間に、水冷オイルクーラーをレイアウトして、故障率が高かったのに、懲りませんね
スポンサーサイト



category: ベンツ E、CLSクラス

tb: 0   cm: 0

E63 エンジン不調  

CIMG4454.jpg
E63AMG(W211後期モデル)
症状は、エンジン異音(モーターのようなうなり音)

確かに、電動モーターのようなうなり音がします





CIMG4455.jpg
インテークマニホールドを取外しました




CIMG4381.jpg
↑インテークマニホールドを分解したところ

この車両は、エンジンルームのどこを探しても、スロットルボディが見当たりません。
インテークマニホールドの中にあります。
6200ccなので、スロットルボディも2個付いています。
ちなみに、このインテークマニホールドの部品代は、¥400000以上します。



CIMG4456.jpg






CIMG4385.jpg
異音の原因は、インマニ本体ケースに穴がありエア吸いをしていた音でした。
インマニケースの裏からの光が見えますね、穴が開いていました。

今回は、アルミのパテで現物修理をさせていただきました。

インマニ本体のエア吸いなので、場合によっては、エンジン不調にもなります
AMG専用のスピードシフトMCTというミッションで、トルコンではなく、湿式多板クラッチなので、ダイレクトにつながっている為、
インマニエア吸いから、スタート時、ミッションがしゃくったような症状、または、ジャダーのような症状にもなる場合があります。

category: ベンツ E、CLSクラス

tb: 0   cm: 0

211 リヤサブフレーム  

Eクラス(W211)
右リヤの車高が下がって、走行中異音で、入庫です。
エアサスでもないのに、車高が下がるとはおかしな症状です。

入庫時、確かに右リヤが下がり、タイヤがハの字に食い込んでいます?
走行すると、確かに大きな異音が…










CIMG2844.jpg
早速リフトアップ

あれ…




何やら違和感が…


真後ろから見ると、リヤのサブフレームが斜めに見えます…










CIMG2841.jpg
左後ろサスペンション付近

↑写真の、左リヤマフラー管の向こう
アルミのリヤサブフレームとボディ間に隙間が空いています

リヤサブフレームとは、サブフレームに、デフや左右のサスペンションアームが取り付けられ、ボディに取り付けてあります。

左右のロアアームとボディ間にスプリングがあります。

今回は、その、リヤサブフレームの左の取り付けボルトが折れています

そして、ロアアームとボディ間はスプリングで突っ張っているので、隙間が空いています
右リヤの車高が下がって見えましたが、左リヤの車高が上がっていたのですね




CIMG2842.jpg

↑写真、右リヤホィール、ブレーキキャリパー奥に見えるのは、ボディとサブフレームの隙間

今回は、なんと、リヤサブフレーム右の取り付けボルトの前も折れています
リヤサブフレームの取り付けは、前後左右4カ所で、真下よりボディに取り付いてますが、
今回は、右の前後2本が折損していました。






211.jpg
ちなみに、弊社では、このW211のリヤサブフレームのボルト折れ、初めてではありません

折れたボルトは、モノコックボディの目ネジのネジ山に残っています

これを、取り出すのは、至難の技で…
いくつものドリルを使い、ひたすら地道に、ほじくり出します
ちなみに、今回は、1本ほじくるのに8時間

作業時間は、合計で3日間
折れたボルトを見つけた時点で、作業時間は想像できましたが、
かかった時間通り、工賃をいただくと膨大な金額になります

そんなお金をいただくのも気を使いますので…
割の悪い仕事です

よく入庫していただいている、お得意様なので、特別価格でさせていただきました

この作業だけの初めてのお客様の場合だと、作業時間通り、工賃をご請求したかもしれませんね





CIMG2886.jpg
左リヤの折れた取り付けボルトの、発掘作業中


オリジナルの目ネジを生かして、ほじくれませんので、

ナット掛けで留めることになります

折れた純正のボルトを持つて、専門のネジ屋さんに行くと、ボルトの頭の数字を見て、同じ強度のボルトを出してくれます
自動車の足廻りのボルトは、強度の強いボルトを使っているので、ホームセンターではダメですよ

category: ベンツ E、CLSクラス

tb: 0   cm: 0

最近、流行りのタイミング系  

CIMG2730.jpg

E250(W212)、
チェックエンジン警告点灯
始動時、セルが長い、かかりが悪い
始動直後、「ガラガラ」異音






CIMG2731.jpg

最近、やたら、タイミングチェーンやスプロケットの修理が多い気がします。


今回は、カムシャフトを進角させる為の、油圧で作動するタイミングアジャスターの動作不良の為、カムスプロケットAssy交換です。






CIMG2732.jpg
最近は、
ベンツのV6、V8、直4は、タイミングチェーンのスプロケットは磨り減るし、
ワーゲン系は、タイミングチェーンが伸びるし、
BMW系は、バルブトロニック系の不良や、バルブシールからのオイル下がり

その度に、カムシャフトを固定する為の、新しい特殊工具、買う事になっているような

一昔前は、こんなにタイミングチェーン関係を外す事が、なかった気がします。

どちらかというと、国産の修理工場は10万キロのタイミングベルト交換を行う機会が多く、
弊社では、イタリア系のタイミングベルトはありましたが、
本来、タイミングチェーンはメンテネンスフリーなので、弊社では、緊張するタイミングチェーンの取り外す機会は少なかったような気がします。

そもそも、金属製のタイミングチェーンが伸びるなんて…涙

category: ベンツ E、CLSクラス

tb: 0   cm: 0

E63(212) 事故入庫  

CIMG1515.jpg
右前後ホィールが、コンクリートへ衝突事故により入庫
入庫時、明らかにハンドル位置がずれ、右フロントのタイヤ向きもおかしい状態で、
駐車場内の移動も引きずり・こじり感があり、まともに動かせない状態

早速リフトアップし、各部点検
右フロントタイロッドが、明らかに曲がっています。
事故で、タイロッドは曲がりやすいですね

右タイロッドのみ交換して、
とりあえず試運転
試運転すると、直進時、ハンドルが右にとられます、右にそれていきます。

日本は左側通行なので、道路に水勾配があり、左にそれやすい状況です。
特に輸入車は、左にそれる症状が出やすいです。
それなのに、この事故車は、右にそれます、これはかなり異常ですね。

4輪ホィールアライメントを測定すると、右フロントのキャンバー角が、左フロントキャンバーより起きています。
右にそれる原因は、これですね
つまり、右前後ホィールが事故で衝撃があり、目視では確認できませんが、右フロントのロアアーム及びテンションロッドが曲がり、
寸法が短くなったため、右フロントキャンバーが起きたものと考えられます。



CIMG1518.jpg











212.jpg






2121.jpg
ホィールベアリンが取り付いている、スピンドルが曲がっています
一回目の試運転時に、ABS・ESPの警告灯が点灯と「ゴー、ゴー」異音は、これが原因ですね

右フロントナックルAssy交換になります。

交換作業後、再度試運転、まっすぐ走るように改善されています。
4輪ホィールアライメント 測定・調整して、
最終試運転をして、完成です。

category: ベンツ E、CLSクラス

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック