FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

ロールスロイス ゴースト オイル漏れ修理  

CIMG2968.jpg

ロースルロイス ゴースト 
今回のゴーストは修理作業項目がたくさんあります。

エンジンオイルエレメントケース、ジョイント部よりオイル漏れがあり
きれいに洗って、エンジンスタートアイドリング時より、かなりの量がタラーっと漏れてきます。

問題のジョイント部の件ですが、
ゴーストの場合、オイルエレメントケースが、オイルパンアッパーと一体で、
オイルパンアッパーとエンジンブロックの間のパッキンを交換する必要があります。




CIMG2969.jpg
問題の、オイルパンアッパーを取外すには、フロントサブフレームを降ろす必要があります。

フロントサブフレームを降ろすには、まずパワステギヤボックスと左右ブレーキシステム・ナックル、ロアアームを取外します。





CIMG2983.jpg

サブフレームの上にエンジンマウントがあり、大きく重たいV12エンジンが鎮座しているので、
サブフレームを取外すには、エンジンを宙ずりに吊り上げとく必要があります





CIMG2984.jpg
ようやく、フロントサブフレームが外れました





CIMG2986.jpg
エンジンオイルパンロアは、既に外れています。

エンジンオイルパンアッパーの一番後ろの丸い部分が、オイルエレメント
そのオイルエレメントが付くところの真上の、オイルパンアッパーとブロック間からオイルが出てきていました。
やはり、この部分に熱を持つのでしょうか?

ゴーストの場合、オイルパンアッパーを取外す必要がありますが、
↑この状態から、まだなかなか抜けませんでした




CIMG2987.jpg

外れた、フロントサブフレームと左右フロントナックル



CIMG2989.jpg
ようやく、オイルパンアッパーが外れました





CIMG2991.jpg

クランクシャフト最後部にあるチェーンは、オイルポンプ駆動用




CIMG2990.jpg
スポンサーサイト

category: ロールスロイス

tb: 0   cm: 1

ゴースト マスコット動作不良  

CIMG2871.jpg
最近、弊社では、ロールスロイスの入庫が増えてきました。

現行のロールスロイス、ゴーストシリーズには、
ラジエターグリル上のマスコットが、ドアロックアンロックにて、マスコットが出て来たり入って隠れたりします。


公式にはスピリットオブエクスタシーまたは一般的にフライングレディと呼ばれている、ロールスロイスのマスコット
今から約100年前より使用される、由緒正しいマスコットです。

また、当時は、現在ラジエターグリル部分がラジエター本体で、マスコット部はラジエターキャップでした


今回は、その可動式のマスコット、スピリットオブエクスタシーの修理
マスコットが収納して、代わりにふたが閉まるわけですが、そのふたがきっちり閉まらない症状



早速、バラしました


CIMG2868.jpg

可動式のマスコットは、モーターで駆動されて、リンクユニットにて動作します

モーターの箱が割れていますね
このモーターのケースは、単なるカバーではなく、このケースが取り付けブラケットも兼ねています

このケースがプラスチック製で強度不足、毎回、ドアロックの度に稼働するマスコットの力に耐えきれず割れたようです



CIMG2869.jpg
モーターケースが割れているので、現物修理に挑戦、強力な接着剤で固めて一晩置いて、動作させると一発で破壊されました

恐る恐る部品価格を聞いてみると、
このマスコットリンクユニットは、¥69940!
意外と安い!
一昔前の感覚だと、この2倍か3倍の部品価格な感覚でした

しかし、国内欠品、本国オーダー品、この辺は相変わらずですね

ちなみに、フロントのエアサスストラットは¥115000で、ベンツのSクラスより安く、ベントレーでは約50万円
ロールスロイスの部品価格は、このゴースト世代になってから、安くなりましたね




CIMG2863.jpg

category: ロールスロイス

tb: 0   cm: 0

ロールスロイス レイス カスタム  

CIMG2694.jpg
ロールスロイス レイス

↑カスタム施工前です
ロールスのクーペ、豪華ですね
別格です






CIMG2766.jpg
↑いろいろ作業中





CIMG2767.jpg
↑完成しました
フォージアート22インチ&ローダウン

写真ではわかりにくいですが、実物の見た目は、ガラッと変わりました。
元々高めな車高の車なので、ローダウン量はかなり多めです、何度か調整をトライしました
ここまで落として、22インチの扁平薄いタイヤでも、乗り心地が普通に良く、乗り味もあまり変わらないのにびっくりです



CIMG2768.jpg
こんな大柄なクーペは、大きめのホィールが良く似合います
ホィールのセンスもばっちりですね




CIMG2769.jpg

レイスの特徴的なリヤビュー
一目見てレイスだとわかる、オリジナリティ
さすが、ロールスブランド、絶妙なデザインです

ホィールのオフセット設定もばっちりですね






CIMG2771.jpg
4ドアは、リヤドアのみが逆開きですが、
2ドアは、御覧の通り、インパクトがありますね
乗り降りの際、つま先が広く、理にかなっています
閉めるときは、フロントピラーの三角窓のところにあるスイッチで、ドアが閉まります




CIMG2773.jpg

category: ロールスロイス

tb: 0   cm: 0

納車です。  

CIMG1292.jpg





CIMG1293.jpg






P1080831.jpg

category: ロールスロイス

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 3

ファントム 修理中  

CIMG1246-001.jpg

本国オーダーしていたパーツが届いたので、前回より引き続きの修理作業を再開します。



CIMG1244.jpg
エンジンは、BMW760のV12エンジンと基本的に一緒ながら、5970ccより6750ccにボリュームアップ

オイルフィラーキャップは、ロールス伝統のデザインですね


ヘッド周りの構成部品も、BMWと共通ですね


水冷式大型オルタネーターを、左バンク脇に、2基搭載されています。








CIMG1201.jpg

エンジンマウントも交換します




CIMG1211.jpg







CIMG1197.jpg
車両が重たいので、足廻りのブッシュ関係に負担がかかるのでしょうか?
20000km弱で、ちぎれていました。

category: ロールスロイス

thread: 英国・イギリス車 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック