FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

ランドローバー、ディフェンダー  

根強い人気がある、ランドローバー、ディフェンダー

今回は、継続車検整備でのご入庫です。

CIMG2675.jpg




CIMG2676.jpg





CIMG2677.jpg






マフラーが腐食して穴開き排気漏れ、このままでは、継続車検は通りません。

しかし、生産終了品。



現物修理後 

CIMG2679.jpg




CIMG2682.jpg





CIMG2680.jpg
スポンサーサイト

category: ランドローバー

tb: 0   cm: 0

レンジローバー(サード) オイル漏れ修理  

CIMG4954.jpg
レンジローバー(サード)

現行のレンジローバーも、シャープでモダンなデザインで、かっこよくなりましたが、
サードモデルまでのレンジローバーは、
独特のボクシーシルエット、特にフロントボンネットフェンダーやルーフからリヤピラーの形状
その雰囲気は、イギリス王室御用達の、気品と風格を感じられ、
現行にはない、根強い人気があります。

しかし、どうしても車齢からの経年劣化にて、修理が必要になってきています。
弊社では、今年の初めに、当ブログでレンジローバーの整備(ミッションのオーバーホール)を掲載してからか?、
今年から、急に、レンジローバーの入庫台数が増えています。


↑ボンネットが、垂直の開くので、整備しやすいですね









CIMG4947.jpg
↑この世代のレンジローバーは、同じ世代のBMW社製の、V8DOHCエンジンが搭載されています。

エンジン本体は、全く問題はありませんが、
経年の為、ゴム・樹脂製部品の劣化は避けれません。


このエンジンは、各ゴム製パッキンの劣化の為、各部のエンジンオイル漏れは、定番修理作業になっています。

↑左右バンクの、タペットカバーとヘッド前タイミングチェーンカバー(アッパー)が取り外れたところ







CIMG4949.jpg
↑右バンク側、フロントカバーが外れたところのアップ

フロントカバーアッパーの取付け、ゴムパッキンよりオイル漏れがありました。
このエンジンは、構造上、フロントカバーは、ヘッドへはボルトで締まっていますが、フロントカバーロアとの間は締まってないので、状況が悪く、経年劣化の為、ゴムに弾力や厚みが無くなり、漏れてきます。


このエンジンは、右バンクフロントカバーのアッパー側に、タイミングチェーンテンショナーがある為、チェーンが緩んでます。






CIMG4952.jpg
↑左右バンクのフロントカバーとパッキン!

構造がよくわかるかと思います。

category: ランドローバー

tb: 0   cm: 0

レンジローバー(サード)、オイル漏れ修理  

CIMG4272.jpg
↑レンジローバー(サード)、姫路から、ご来店され、修理のご依頼をいただきました。

「Transferbox Neutral」の表示とアラームが出る、トランスファーの「HiとLow」レンジのマークが点滅する症状。
早速、テスターで診断、トランスファーモーター不良で交換になります。
338000円と高額部品なので、勉強しました。
現品に「BMW」刻印とパーツナンバーがあったので、現品ナンバーで検索したり、
BMW X5用のトランスファーモーターを流用できないか、比較したり、
現品分解現物修理も試みましたが、うまくいかず…
中古の部品も無いので…
最終的には、素直に、高額なレンジローバー純正部品に交換するしかありませんでした。






CIMG4115.jpg

↑今年になってから、待望の、オンザカーリフトを導入(レンジローバーのクラッシック↑やセカンドには、エアサスの問題で必需設備)してからか?

また、
http://inazumi1723.blog.fc2.com/blog-entry-211.html
↑当ブログ、2015.1.29.記事の、レンジローバー(サード)の、ミッションフルオーバーホールの記事の影響からか?

今年になってから、急に、レンジローバーの入庫が多くなりました。






CIMG4273.jpg
↑この年式のレンジローバー(サード)は、当時のBMW社製V8 4.4リッターエンジンが搭載されています。
写真、向かって右下のところの黒い丸い部分は、オイルエレメント


このBMWのV8エンジンは、タペットカバーのパッキンが弱いですね
最悪、プラグホールのところにオイルが溜まり、ミスファイヤーになります。
このレンジローバーの場合、タペットカバーパッキンの交換に、5~6時間ぐらいかかります






CIMG4276.jpg
↑エンジンブロック左側面に、オイルエレメントハウジングケースに、取出し用のオイルホースが2本あります。






CIMG4275.jpg
↑他の車種も、オイルエレメントハウジングケースとエンジンの間や、オイルクーラーケースとエンジンの間のパッキンは、熱による経年劣化で、ゴムパッキンがパリパリになります。





このへんは、レンジローバー(サード)の定番故障修理ですね




category: ランドローバー

tb: 0   cm: 0

5基リフトフル稼働!  

-- 続きを読む --

category: ランドローバー

tb: 0   cm: 0

レンジローバー ミッション修理  

CIMG3815.jpg
レンジローバー 3rd(サード) です。

ひと目で、気品のあるレンジローバーとわかる外観、
そして、大きいですね

今回は、ミッションの不調
お客様が自走でご来店、即一緒に試乗!
いきなり「ウヮーン」とタコメーターが上がります
この状態で、よく自走で来店出来たと思いました。
完全に、ミッション本体内クラッチが滑ってます。
無条件、ミッション本体不良、降ろして、フルオーバーホールしないといけない状態でした。


この年代のレンジローバーは、BMWの4.4リッターV8DOHCエンジンで、
ミッションは、これもBMW系の、ZF社製5速ミッションです。





CIMG3814.jpg
↑左がミッションで、右がトランスファー

最近のZFミッションは、インナーパーツの供給が無い物が多いのですが、
この時代の、ZFミッションは、インナーパーツの供給があり、オーバーホール可能です。







↓早速、全バラ状態
CIMG3819.jpg
まだ、作業途中ですが、とりあえず全バラで各部点検






CIMG3821.jpg
一般的なオートマチックミッションは、複数組の湿式多板クラッチがあり、その締結の組み合わせで、プラネタリーギヤのロックする位置を変えて、変速を変えています。

その湿式多板クラッチを締結するために、ピストンがあり圧着するわけですが、
今回、そのピストンのゴムのシールが1箇所切れているのを発見しました。
これでは、ピストンの油圧がリークし、圧着が弱いので、クラッチが滑るでしょう。
とりあえず、1箇所間違えなく不具合箇所が発見出来たので良かったです。

ミッションの不具合は、1箇所だけではない場合が多いので、よく点検します。



CIMG3866.jpg





CIMG3822.jpg
↑バルブボディの右側にソレノイドバルブがたくさん並んでいます。





レンジローバー(サード)、ミッションの滑り等、不具合・故障について、
修理方法は、ミッション本体の新品(又はリビルト品)Assy交換、中古品とAssy交換、現物分解修理とありますが、
費用的にも、サードを継続して乗っていけるかにも、かかわる重整備です。
現物分解修理が出来たので、また、お気に入りのサードを継続して乗れるようになってよかったです。

category: ランドローバー

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック