FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

AMG GT  

CIMG5268.jpg

AMG GT 

ハイパワーハイパフォーマンスマシーンは、モデルチェンジの度に、ボディが大型化する傾向がある中、
AMG GT は、実質先代モデルのSLSと比べても、コンパクト・軽量、そしてコストダウンされています。
ポルシェ911を意識しているといわれ、かなりスポーツ志向になっています。


このモデルは、メルセデスには無い、AMG専用モデルなところが価値があります。

このラジエターグリルのデザインは、最新メルセデスのアイデンティになっています。





最新AMGと約40年前の280SLのショット

この280SL! 
僕には、縦目でこの赤色が、AMGを世の中に知らしめた、同世代のAMGのレース車「300SEL AMG6.8」をイメージしてかっこよく見えます。







CIMG5272.jpg

AMG GT のサイドビューシルエット

典型的な、ロングノーズショートデッキスタイル


この、AMG GT は、かなりスポーツに振ったモデルですが、美しいルックスですね










CIMG5269.jpg
ハッチバックスタイルのリヤビュー、美しいです
ひょっとして、メルセデス・ベンツで、2人乗りハッチバックは、初めてかも?

LEDウィンカーは、流れるように光るタイプ、 ちなみに、ハザードでは、従来と同じように同時に点滅します。

ガバッと、リヤドアが開き、開口部が広いので、しっかりタワーバーで補強していますね



写真では見えませんが、AMGの反対側、右には GTS のエンブレム










CIMG5274.jpg
最新AMGの、インテリアデザイン☆

オプションのカーボンパネル等の選択が、ナイスセンスですね

ステアリングは、3本スポークにセンターは空洞タイプ、アルカンターラ(バックスキンスタイル)に、よく見るとセンター上部には、レーシーなセンターラインがあります。

シートは、薄くて固めで、センターコンソールの幅が広く、タイト感があります。





CIMG5271.jpg
メーター部

センターのパネルは、ステアリングのスイッチで、いろんなパターンに切替えれます。

↑写真は、「AMG」パターン
上から、
シフトレバーポジション
速度 - ギヤ位置(何速)
ターボブースト圧
エンジン油温
ミッション油温







CIMG5270.jpg
センターコンソール部、
エンジンがなるべく室内側に食い込むようにレイアウトされているとはいえ、ミッションはリヤアクスル部(デフ部)にある為、
ここまで、幅広く高くデザインする必要があったのか?と思わせるような大きさです。


センターの一等地には、シフトレバーではなく、COMANDのディスプレー操作用の指でタッチ操作するマウスになっています。









CIMG5308.jpg

センターコンソール拡大アングル

左前には、最近のAMGモデルらしく、走行モード選択スイッチ、なんとRACEモードがあります。
走行選択モードによって、ミッションの設定はもちろん、ショックの硬さやマフラー切替、アイドリングストップも合わせて切り替わります。
注目は、右後ろのマフラーのマーク、マフラー切替バルブ操作スイッチです。







ハザードスイッチはどこに行ったのでしょうた探してしまします。

CIMG5279.jpg

ルームミラーの上に並んだスイッチを操作すると、オートで動くリヤスポイラーを、強制的に動作できます。
ハザードスイッチもここにありました。










CIMG5275.jpg

早速、リフトアップしてみました。






CIMG5277.jpg

エンジン後方よりのアングル

現行AMGの主力V8ツインターボエンジンをベースに、AMG GT 専用で、バンク内ターボとドライサンプオイルになっています。

↑アルミのフロントサブフレーム、ぎりぎりの低い位置までドライサンプのエンジンが下がっています。

両サイドのエキゾーストパイプは、エンジンセンター上方より降りてきています。

左右のフロントロアアーム取り付けが見えます、その後方にエンジンマウントがあります。

エンジン後部下にオイルエレメントが見えます、そこから左に太いオイルホースがあり、エンジンルーム左のオイルタンクに繋がっています。
エンジン後部にミッションはありません。












CIMG5278.jpg

エンジン後方、右バンク側面のアップ

エンジンマウントをよく見ると、電気のカップラーが刺さっています。
可変エンジンマウント、アイドリング付近では柔らかく、高回転域では硬くするようです。

右バンク側面の、黒い樹脂製パーツは、過給されたインテーク!
今までの見慣れた通常のレイアウトとは、真逆です。









CIMG5299.jpg

左フロント足周りアングル

左フロントホィールアーチから、ドアまで、長いですね
この間に、エンジンがレイアウトされています。

機能美を感じさせる、美しいブレーキシステム
フローティングディスクに6ポッドキャリパー







CIMG5301.jpg

左フロント足周り

剛性ありそうな機能美感じるハブキャリアに、頑丈にラジアルマウントされた、ブレンボキャリパーが見えます



CIMG5300.jpg

左リヤ足周り

アルミ製アッパーアームとハブキャリアの取付け部が、ハブセンターよりかなり後方に見えます













CIMG5305.jpg

フロントミッドシップがよくわかるアングル

なるべく、室内側に食い込ましたエンジンレイアウトの効果か、それとも、リヤアクスルマウントされたデュアルクラッチミッションが重いのか、前後重量比は47:53、フロントエンジンでありながら、リヤより、















CIMG5306.jpg

エンジンルームアップ、
AMGエンブレムのある黒い樹脂製カバー部は、エンジンではなく、シルバーの遮熱カバー部がエンジン!
最近流行の、Vバンク谷間にツインターボをレイアウト、ターボのレスポンス向上する効果があるようです

エンジンをなるべく室内側に食い込ました結果、ワイパーはひとつのモーターでリンクさせているのではなく、2つのモーターでワイパーを動作させていたます。
左右をどうやって、同調リンクさせているのでしょう

↑写真、向かって右側のブレーキマスター外側に、ドライサンプ用のオイルタンクとレベルゲージが見えます。






CIMG5307.jpg

空力的に重要な部分、ドアミラーはなるべくボディから離したいところ、ドアマウントされた、美しいドアミラー




CIMG5304.jpg

ラジエター前より、ボンネットトリム内に取り込まれた、空気は、熱的に厳しいと思われる、ターボに直接当て、空冷されています。




CIMG5303.jpg






CIMG5273.jpg


↑最近では、白・黒色が、全盛の中、
弊社には、カラフルな車が集まりました。
スポンサーサイト

category: SLR VS SLS

tb: 0   cm: 0

メルセデス AMG GTS  

CIMG4913.jpg

メルセデス AMG GTS !

第一印象はコンパクト

若干コンセプトが違うものの、標準のメルセデスのモデルが無く、AMGモデルのみの設定という意味で、
AMGスペシャルティモデルでは、
SLR(‘04)  → SLS(‘09) → GT(‘15) と、
6000万    → 2490万   → 1580万(GTS1840万) と価格帯(車格)も変化し、
4656mm    → 4638mm   → 4546mm の全長サイズがコンパクト化し、
626ps1768kg→571ps1620kg→510ps1670kg(GTS) と、
年代と共に進化して来ました。

今回の、AMG GTS は、これまでのAMG専用モデルと比べて、SL63やCL63より明らかに価格が安く、
今までのスペシャリティモデルとしての感覚ではないようです。


多くは、モデルチェンジするたびに、価格が高くなり、大きくなり、パワーアップする中で、
コンパクトでライトウェイト、かなり走りにふったモデル
ライバルは、ポルシェ911ターボやランボルギーニーウラカン

車格や高級感、大きさを求めると、CL63やSL63の方がいいでしょう




CIMG4912.jpg
↑サイドビュー
典型的な、ロングノーズ&ショートデッキなクーペスタイル
なぜか、この典型的なスタイルが、美しいですね



でも、フロントタイヤとドア間が長くとられ、その部分にエンジンが収まる、フロントミッドシップレイアウトで、理にかなったスタイルです。


そして、全体的に丸みの多いデザイン



CIMG4925.jpg
↑個人的には、このアングルが一番美しいと思っています。
ひと昔前の、トヨタ2000GTのようなシルエットに見えました。

ハッチバックスタイルです。


そして、ウィンカーは、ベンツでは初めて流れるLEDです。
アウディを初め、今後流行りそうですね






CIMG4918.jpg
↑現車は、右ハンドルです

AMG GT 専用の デザイン


二人乗りで、エンジンが室内方向に食い込んでいる為か、センターコンソールの幅は大きめ、シートは少しタイトになっています。
シートの厚みも、走りを意識したモデルらしく、今までのメルセデスと比べて、薄めですね

得意のウッドやカーボンの豪華な飾りもありません。




CIMG4916.jpg
メーターパネルは、
ターボエンジンでは重要なブーストメーターが中央上部にあり、その下にエンジン油温、そしてその下にはミッション油温(デュアルクラッチは油温が上がる?)

マニュアルシフト選択時には、中央上部は、何速かシフト位置が表示されます。







CIMG4917.jpg
ハッチバックなので、大きく荷物スペースがありそうですが、
AMG GTは、リヤレイアウトミッションやリヤサスのタワーバーの為、荷物スペースは犠牲になっています








CIMG4919.jpg









CIMG4920.jpg
AMG GT の特徴がよくわかるアングル!

エンジン本体は、黒く大きなAMGエンブレムがあるカバー部ではなく、その後ろのシルバーカバーの下部に存在します。

エンジンは、室内側に食い込むぐらいの位置で搭載された、フロントミッドシップでリヤミッション!
前後重量比は、47:53












CIMG4921.jpg
エンジンは、AMG専用、4リッターV8直噴ツインターボ
特徴的なのは、ベンツでは初めて、Vバンク内側にターボが搭載され、レスポンスやコンパクト性を向上させています。

ミッションは、他のAMGシリーズでは、AMG独特の自社製スピードシフトMCT(一般的なオートマチックミッションベースでトルクコンバーターの代わりに、湿式多板クラッチになっている)ですが、
AMG GTでは、SLSに引き続き、スピードシフトDCT(デュアルクラッチミッション)!



AMG GTS 
走りを強調した、コンパクトなスポーツカー
今までのAMG専用スペシャルモデルにはない、コンセプトですね












category: SLR VS SLS

tb: 0   cm: 0

SLS 登場!  

CIMG3304.jpg
SLS AMG

最近 ピットクルー の、プチスーパーカーブームに影響され、ドイツ勢から、久しぶりのSLSの登場です


久しぶりの入庫ですが、やっぱりかっこいいですね


史上唯一、AMGオリジナルプロジュース、メルセデスベンツには存在しない車種で、
基本的に、SLS AMG ワングレードです。







CIMG3305.jpg

スタイリングは、ひと目でSLSとわかる、特有のオリジナルデザイン

現行のターボエンジンシリーズのAMGは、従来のようにメルセデスのエンジンのバージョンアップ版に戻りましたが、
SLSの、V8 6.2リッター NAエンジン 今となってはダウンサイジングの風潮から短命となってしまったエンジンですが、メルセデスには存在しないエンジンで、唯一無二の AMGオンリーのオリジナルエンジンです

その大排気量NAエンジンを、フロントミッドシップに積み、ミッションはデュアルクラッチでリヤアクスルに、
前後重量配分は、フロントエンジンながら、47:53 

ロングノーズ・ショートデッキスタイル








CIMG3307.jpg

僕は、特に、後姿、テールランプ付近やキャビンの造形が、抜群にかっこいいと思います。


この、唯一無二の AMG が、価値あるモデルと思います。

category: SLR VS SLS

tb: 0   cm: 0

SLR VS SLS  

メルセデス・ベンツ の スーパーカー比較

__.jpg
メルセデス・ベンツ SLR マクラーレン

F1製造メーカーであるマクラーレンが、プロジュース

2004年デビュー 当時6000万円 並行輸入車が多く入っていた時代ですが、日本正規輸入台数は22台で、当時プレミアが付き、一時は1億円までしました…

当時のAMGの主力である、5.4リッターV8スーパーチャージャー付きをベースに、ドライサンプ等SLR専用で626馬力
ミッションは、Sクラスと一緒のFRレイアウトの、トルクコンバーター式5速オートマチックミッション

車両価格が異常に高額なのは、F1マシーン製造する、マクラーレン得意のオールカーボンモノコックボディ他、
ありとあらゆるものが、カーボンカーボンの為でした。
↑ちなみに、この特徴的に開閉する、一体型ボンネットもオールカーボンで、600万円

車重は、1768kg


乗り味は、異常にフロントが長く感じられ、遠いところに付いているフロントタイヤのイメージです。


P1060694.jpg
メルセデス・ベンツ SLS AMG

あとにも先にも、ボディもエンジンも、AMG専用はこのモデルだけです

2010年デビュー
NAの63系 6.2リッターV8ベースで、SLS用は、571馬力
ミッションは、リヤアクスル部に最新ゲトラグ社製 7速DCT(デュアルクラッチミッション)

フロントミッドシップエンジンにリヤアクスルミッション

最新アルミスペースフレームにて、車重は、高価なカーボンモノコック仕様のSLRより、軽い1620kg

category: SLR VS SLS

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック