FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

ポルシェ 911 GT3 RS  

CIMG4132.jpg

ポルシェ 911 GT3 RS

タイプ991型のラストを飾る、熟成された究極の1台

520PS、1430kg
0-100km/h 3.2s

911は、タイプ991後期モデルより、標準車でも全てターボ化されたなか、
今や絶滅危惧種の自然吸気で520馬力、後輪駆動








GTRS.jpg
理にかなった、機能美あふれる、前後バンパーや前後フェンダー、大型のリヤスポイラー

派手派手で、かっこいいですね


こんな大型の羽が、並行輸入車ではなく、正規のディーラーから販売されているところが凄い


往年の、「`73 カレラRS」を、リスペクトした、サイドデカールと
黄緑色も、当時をモチーフとした色味です






GT3RS.jpg
サイドステップのはり出しは、アンダーボディの表面積を増やして、ダウンフォースを稼ぐデザイン



GT3RS1.jpg
フロントリッド(ボンネット)、フロントフェンダーはカーボン、
フロントリッドのエンブレムさえ、軽量化の為、ステッカーになっています

フロントリッドに新たに設けられた、インテークダクトは、ブレーキ冷却用




IMG_1402.jpg
フロントフェンダーの大きなルーバーは、モチロンダミーではありません、
フェンダー内の空気を排出する、機能美あふれるデザイン










CIMG4137.jpg
そびえたつ、大きなリヤスポイラーはRSの大きな特徴
リヤスポイラーは、大きくてなるべく高い位置にあるほうが効果的
高速からコーナー進入、フルブレーキ時に差が出ます
この形状で、正規輸入ディーラー車で登録されているのがすごい

リヤフェンダーは、911史上最もワイドな、325/30-21のタイヤサイズを収める為、ターボモデル用のワイドフェンダー
フェンダーアーチ前のインテークは、ターボモデルの場合インタークーラー冷却用ですが、RSではエンジン吸気用


RS.jpg
RS専用、バケットシートはカーボン製、インテリアもカーボンとアルカンターラで、軽量化とグリップ重視
ドア開閉時のインナーハンドルすら、通常の金属製からバンドになっています





CIMG4140.jpg
スポンサーサイト

category: ポルシェ

tb: 0   cm: 0

ポルシェ911(タイプ996)、ミッション修理  

CIMG4117.jpg
ポルシェ911(タイプ996)、ミッション修理
症状は、「変速時に、クラッチ滑る」
入庫時、試運転しても症状の確認は出来ませんでした。

ポルシェ風に言うと、ティプトロニックといいますが、いわゆる、(トルクコンンバーター式)オートマチック(AT)ミッションです。

↑写真は、向かって左側がフロント方向
ミッションオイルパンを取外したところ

オーナー様は、最近購入されたようです
前オーナー様が、修理履歴を書面で全部保管していて、大事にされていた事がわかりますが、
その修理履歴を見ると、ミッションオイルを何回も交換しているようです、

ようするに、全オーナーが乗っていた時から、ミッション不調の持病があったように思います
また、それが嫌で、手ばなしたのかも?






CIMG4118.jpg

http://inazumi1723.blog.fc2.com/blog-entry-421.html
↑最近、「ポルシェ911(タイプ997)ミッション不調」 修理をしましたね

でも、997とは、ATミッションが違います。
997は、メルセデス・ベンツ社製
996は、ZF社製です、BMWのミッションはZFが多いですね





CIMG4119.jpg

↑ソレノイドバルブがずらっと並んでいるのが、ZFミッションの特徴

バルブボディを外した写真を撮り忘れますが、バルブボディの上に基盤は無く、ハーネスとソレノイドバルブのみですね




57395867679__62EEB4F7-8BC5-4A58-99C0-64F691C4520F.jpg





57395869426__70C36ED8-FDA1-4822-89EB-5D608096C7B4.jpg







CIMG4120.jpg
ミッションオイルパン

最近の車に多い、ミッションオイルレベルゲージが無いタイプ
簡単にミッションオイルレベルの点検は出来ません。

このタイプは、↑写真の、白い円筒形部分の下にドレンコックが付いています。
白い円筒形の部分は、上げ底になっています
ミッションが、冷えている状態で、ドレンコックにチューブを差し込み、下からミッションオイルを圧送します。
円筒形の上げ底の部分まで達するとオイルがあふれてきます、
次に、エンジンをかけるとポンプでオイルが吸われるので、オイルレベルが下がります、
再び、下からミッションオイルを、あふれてくるまで圧送します。
そのまま、エンジンをかけたままにすると、油温は徐々に上がり、オイルは膨張して、少しずつあふれてきます。
テスターの実測値で、ミッションオイルの温度が40℃になったところで、ドレンを締めて終わり






category: ポルシェ

tb: 0   cm: 0

ポルシェ911 (タイプ997) ミッション不調  

CIMG2913.jpg
ポルシェ911 (タイプ997)
ミッション不調で入庫
この車両は、997前期の為、トルクコンバータータイプのオートマチックミッション

ミッションの警告灯点灯及び2速ホールドでした。

早速、テスター診断 ショートテスト実施及びミッション各部点検を行いました。
故障メモリーの結果は、回転数センサー不良 でした。

ATミッションは、エンジンからのインプットシャフトとドライブシャフトへのアウトプットシャフトの回転数を常に監視しています。
変速して、インプットとアウトプットの回転数の差があるのですが、
その回転数の差が異常だと、クラッチが滑ったと認識して、エマージェンシーモードになり2速ホールドになります。
エマージェンシーモードとは、ミッションが故障しても修理工場まで走れるモードです。





CIMG2915.jpg
↑写真向かって左が、車両後方になります

ポルシェ911は伝統的にリヤエンジンなので、左右リヤタイヤ車軸ラインより後方にエンジンがあります

エンジン部分に、大きな四角いオイルパンがあり、左右に水平対向6気筒のエキゾーストマニホールドが見えますね

エンジンからの駆動力は、トルクコンバーターを介し前方のミッションに伝達され、
ミッションからUターンしてシャフトでデフに伝達され左右に別れます。

↑写真の、ヒダヒダのリブが付いている部分が、デフですね








997-1.jpg
↑前出の写真と同じ方向からのアングル、
早速、ミッションオイルパンを外してみました。

おやっ、どこかで見たことがある、バルブボディ?






CIMG2926.jpg
↑写真向かって右が車両後方






CIMG2922.jpg
↑バルブボディを外してみました









997-2.jpg
↑バルブボディの上に取り付いている、エレクトロニックプレートを交換しました

エレクトロニックプレートに回転数センサーが組み込まれています

組み上げて試運転、予定通り、症状は改善されて直りました。


ちなみに、ポルシェのパーツカタログでは、ミッションオイルパンのパッキンやオイルフィルターの部品供給はありますが、
エレクトロニックプレートのみでの部品供給がありません

つまり、恐らくポルシェディーラーでは、今回の症状の場合、ミッションAssyでの交換修理になると思います。
ミッションAssy交換の修理方法の場合、
新品のミッション本体部品価格が¥3778000、リンク品(リビルト品再生品)でも¥2705000になります、
ミッション交換工賃は、15~20万円、オイル代等加算して、リンク品を使用しても、合計330万円の修理費用が必要になります。

今回弊社では、ミッション内部のセンサーー不良という事で、バルブボディを外して、エレクトロニックプレートのみの交換する修理方法にしました、ミッションオイルとエレメントも交換して、合計15万円までの修理費用でした

category: ポルシェ

tb: 0   cm: 0

911GT3  

CIMG2586.jpg
ポルシェ 911GT3

GT3 とは、究極の911のひとつで、NAエンジン(500)+RR というのが、特徴
ターボSも、究極の911のひとつで、ターボ(580)+4WD
GT3RSも、究極のひとつですが、ターボSと比べても1000万円以上高価、フェラーリでいうところのスペチアーレで、ターボ(700)+RR
それぞれ特徴がある、究極の911です、ちなみに、オーナー様は、この現行のGT3の他に、現行のターボSも所有されているので、最新は最良である究極の911を乗り比べられます。

今回のブログは、主に、現行のGT3とターボS比較をしてみよう。

僕は仕事柄、いろんな車を乗る機会があります、2WDと4WDとどちらがいいか?悩むところですね、
最近のAMGは、同じモデルでも、2WDと4WDが選択できる車種があります。
つまり、同じエンジン、シャーシで、2駆と4駆と違うだけ、
一昔前のメルセデスは、FR信仰が強かったのですが、さすがにパワーの相場が上がって、4WDも選択肢にしたのでしょう
また、700馬力オーバーの、アヴェンタドール(4WD)とF12(2WD)を試乗することもあります

あくまで僕の主観、感覚的な感想ですが、
4WDの方が、圧倒的に安定感や安心感があり、ハイパワーな場合4WDの方が加速もよく、タイムも出るでしょう、
しかし、後輪駆動の方が、軽快感や乗り味では面白みがあるかも、加速感もハイパワーな場合4WDの方がグリップがよく速いはずですが、体感的には後輪駆動の方が軽く速く感じることもあります。
悩むところですね、

そこで、究極の911は、
GT3=NA(500PS)+後輪駆動
ターボS=ターボ(580ps)+4WD
GT2RS=ターボ(700ps)+後輪駆動
悩むところですね









CIMG2584.jpg


タイプ991は、後期モデルから、GT3以外全てターボエンジンとなりました
カレラシリーズも3000ccツインターボですが、車名で従来のターボが付いているのは3800ccのツインターボだけです
GT3は、前期モデルの3800cc475psから4000cc500psになり、唯一のNAエンジンで貴重な存在
911のRRエンジンも、いつの間にか4リッターの大排気量になりました
排気音は、NAのGT3が一番かっこいいですね

ターボSの方が、圧倒的にパワーがあり、また4WDなので安定感があります。
GT3の方が、パワーに劣るものの、2WDの軽快感が楽しく、ターボSの1600kgに対して1430kg、やはり1500kgを切ると軽さを感じます

そういえば、ムルシエラゴ以降、ランボルギーニーは全車4WD、
ウラカンも先行販売していたモデルは全車4WDモデルだったのですが、
あとから、わざわざ後輪駆動モデルをデビューさせました。
なるほどです。








CIMG2585.jpg
ルックスは、ターボSよりGT3の方が、かっこいいかな







CIMG2588.jpg
後期モデルから、これまでの汎用2DIN1ボディナビから、純正ナビシステムが充実、




CIMG2595.jpg





CIMG2594.jpg






CIMG2589.jpg






CIMG2592.jpg
早速、リフトアップして、最新GT3をチェック






CIMG2590.jpg
ターボSでは、エンジンの下にはアンダーカバーがありませんでしたが、
GT3ではフルカバー、カバーの最後尾やサイレンサーのデザインが上がって、ディフェザー効果狙いか





CIMG2591.jpg
GT3も、ターボSと同様、リヤステア装備
最近の911のリヤステア、これはかなり効果的で、よく曲がり、体感的にさらにコンパクトに感じます


最後に、GT3=21150000円+諸費用  ターボS=26300000円+諸費用  GT2RS=36560000円+諸費用 なり

category: ポルシェ

tb: 0   cm: 0

パナメーラ ハイブリッド 新車納車  

CIMG2045.jpg
パナメーラー ハイブリッドの 新車を納車させていただきました。

最近のポルシェは、ヘッドライトの中が4灯LEDのデザインが多くなっています。
これは、ポルシェのルマンマシンのイメージでしょうか?



CIMG2046.jpg

リヤのガーニッシュのデザインも、最近のポルシェの法則になっています。



CIMG2047.jpg





CIMG2039.jpg
最新のパナメーラで、一番進化したところは、ダッシュ周りではないでしょうか?

伝統の3本スポークステアリングですが、
センターに大きな車両設定用画面が表示されています。
センターの大きなモニターは、多様な情報が表示され、タッチパネル、しかも近づくだけで反応する予測機能付き



CIMG2035.jpg

大きなナビ画面やシフトレバー周りのフラットなスイッチパネル、フェザータッチです



CIMG2038.jpg

メーターは、伝統の中央に大きなタコメーターがある、5眼タイプですが、
アナログのタコメーターの両サイドは、液晶パネル


このパナメーラに限らず、他のメーカーも、
最近のヨーロッパの車は、モデルチェンジ、マイナーチェンジ毎に、
こういった、ダッシュ周りの機能やデザインが大きく進化!
電装品類は、携帯電話のように進化のスピードが、加速しています。
また



CIMG2040.jpg

category: ポルシェ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック