FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

C63 エンジン本体修理  

CIMG1070.jpg
C63AMG
ダウンサイジングご時勢なので、排気量ダウン+過給機が流行していますが、AMGも例外ではありません。

そんな中、通常AMGモデルは、標準のメルセデスのエンジンをチューニングしてパワーアップする手法ですが、
このM156エンジンは、NAで6.2リッター大排気量エンジン、
最初で(たぶん)最後の、エンジンブロックまで、AMGモデル専用エンジンになり、
今後未来まで、名機となりうるエンジンではないかと思います。

今回の症状は、アイドリングでエンジンをかけている時、突然白い煙がマフラーから出て、エンジンストップ!したらしい、
トラック積車で引き取りに行き、入庫時には、もうエンジンがかからない状態で、
なおかつ、セルモーターも回らない状態でした。

オイルレベルゲージやオイルフィラーキャップの中を見ると、エンジンオイルはカフェオレ状態!
クーラントが混入している ようだが、なぜ、セルモーターが回らないのか?
クランクプーリーを長い工具で回しても回らず、ロックしているようでした…

焼けているのか?エンジン本体アウトか?

全プラグを取り外して、セルを回すと、プラグホールより勢い良く、カフェオレが飛び出してきます。
シリンダーの中に液体が満タンに充満して、圧縮出来ず、クランクが回らなかったようでした。
一歩間違えれば、最悪、ウォーターロックを起こして、コンロッドが曲がってしまうところでした。

全シリンダーの中のカフェオレを、綺麗に吸出し、プラグを取り付け、
再度セルを回すと、マフラーからモクモク煙幕をあげて、エンジン始動!
長くかけれませんが、エンジンの音・調子も悪くない様です。

↑今回は、工場の天井クレーンにて、エンジン本体を取り外します。











CIMG1071.jpg
↑エンジンが降りました。

エンジン向かって左が前方、右が後ろミッションが取り付きます。
V8エンジンなので、片バンク4気筒づつ
ダイレクトイグニッションコイルが4つ並んでいますね。

ヘッドカバーを見ると、一番前のイグニッションコイルより前のスペース、通常タイミングチェーンのスペースが大きく見えます?




CIMG1091.jpg

インマニAssyその他を取り外しました、V8の美しいエンジン本体の形が見えてきました。

インマニの中に、例のカフェオレが溜まっています。
クランキングした時に、インテークバルブより逆流したと思います。



63Eg.jpg

↑ヘッドカバーが外れました。
最近は、BMWのようにバルブトロニックが付いていたり、VWのようにヘッドが2層構造だったりして、カムキャップ(カム軸受止め)がヘッドカバーと一体だったり、複雑な造りのヘッドがあるのですが、このM156エンジンは、IN・EXカム先端にカムアジャスターはあるものの、比較的オーソゾックスな造りですね。






CIMG1113.jpg

↑恐らくヘッドガスケットが抜けて、水とオイルが混ざり、シリンダーの中に侵入している為、
左右のヘッドを取り外す為の準備を進めます。




CIMG1115.jpg

↑最初に疑問だった、ヘッドカバー前方のスペースの理由は、クランクとカムスプロケットの間を、一度チェーンからギヤに変換して伝達しているからでした。




63Eg2.jpg

↑左バンクの、ヘッドが外れました。
さすが、6200ccでV8、ピストンが大きいですね。



63Eg3.jpg





CIMG1170.jpg
↑外れた、ヘッドボルト!
今回、ヘッドガスケットが抜けた原因は、これです!

ヘッドボルトの頭が2本、折れていました。

他にも、数本緩んでいました。

これが原因で、ヘッドガスケットが抜けたと思われます。
錆びているようにも見えます。
恐らく、材質の問題で、オーバーヒートではないでしょう。



CIMG1149.jpg


エンジンブロック内、シリンダーの周りは、ウォータージャケットと言って、冷却水に包まれています、
写真ではわかりにくいのですが、このエンジンブロックをよく見ると、ヘッドボルトがウォータージャケットに浸かっています
通常のエンジンは、ヘッドボルトのヘッドガスケット面とメスネジ山の間には、このような空間はないと思います。

だから、錆びたのでしょうか?
気休めかもしれませんが、予防策としては、クーラントを濃いめにした方がいいかも?



CIMG1152.jpg







CIMG1210.jpg
↑ヘッドの面研も仕上がってきたし、組み上げていきます。
スポンサーサイト

category: ベンツ Cクラス

tb: 0   cm: 5

C200コンプレッサー カムスプロケット磨耗?  

CIMG4096.jpg
↑メルセデス・ベンツ C200コンプレッサー(W204)
直列4気筒スーパーチャージャ付き
車齢、約8年

アイドリング時、エンジン不調
↑とりあえず、このエンジンの定番である、ブローバイホースの破れによるエア吸い不良を発見し交換

ブローバイホースを取替するには、
エンジン左側面の、インマニやスーパーチャージャー等を、全て取り外す必要があります。

エンジンブロックよりのブローバイホースを交換します。
なぜか、このエンジンのブローバイホースは、材質の不良か、経年劣化により、穴が開きます。
せっかくエアマスセンサーで測定したエア量以上に、インマニでエアが吸うてしまうので、燃調がでたらめになり、エンジン不調になります。


しかし、今回は、この定番故障部品交換しても改善されません…?

その後、エアマスセンサーやスロットルボディ、カムポジションセンサー等、多くの部品を交換テストしました。
でも、改善されません。

故障メモリーでは、クランクとカムタイミングが不良的な表示が消えません。



↓まさかと思いましたが、タペットカバーを外してみました。
CIMG4135.jpg






CIMG4134.jpg
↑本来、カムシャフトキャップ(軸受け)の三角印と、スプロケットのライン(黄色い矢印)は、一致してなくてはいけません。

ずれているように見えます?



なにが、悪いのでしょう…?
最近の直噴ワーゲンのように、タイミングチェーンが伸びるのでしょうか?


CIMG4138.jpg
↑カムスプロケットが磨り減っています。
これで、タイミングチェーンが飛んだのでしょう


最近、材質のクオリティが悪い気がします

category: ベンツ Cクラス

tb: 0   cm: 0

C200(W204) ミッション フルオーバーホール  

CIMG4020.jpg
メルセデス・ベンツ C200(W204)

ミッション不調

症状は、しばらく走っていると、思いっきり滑る!

5速ATミッションですね




試運転しました、お聞きしたように、しばらく走ると、思いっきり滑り、最終的には、前にも後ろにも動かなくなりました。
間違いなく、ミッション本体、アウトです
CIMG4013.jpg
早速、全バラ 分解しました。

削れたり、焼きつきもなく
パッと見は、わかりづらいのですが、よく見ると、クラッチが滑った形跡があるようです。






クラッチが滑った原因は、水混入 のようです
CIMG4014.jpg
↑これが水入りの証拠です。
錆びていますね

オートマチックミッションは、水混入は、フリクションプレート、クラッチが、滑り・剥離し、致命的です。

全クラッチディスクを交換する必要があります。
もちろん、トルクコンバーター内のロックアップクラッチも交換する必要があります。







CIMG4016.jpg
↑水混入の原因は、恐らくこれです、矢印部分!
よく見ると、水のしみが、見えます。

ワイパー下のドレンか?
雨水が、ミッションのブリーザー、写真上の黒いきのこ型の部品

もちろん、ブリーザーとパッキンも交換します。

一昔前の、Eクラス(W210タイプ)は、ここからの水入りが多かったですね。
また、1世代前のCクラス(W203タイプ)は、ラジエター内ミッションオイルクーラーより、クーラントがミッション内に混入が多かったです。






CIMG4017.jpg
↑ミッションオイルエレメントです。
しばらく走ると、思いっきり滑る原因は、これです。

水入りでクラッチが滑り、スラッジが発生

↑写真ではわかりにくいですが、よく見るとオイルエレメントの中のろ紙は、中に凹んでいます。

しばらく走行すると、スラッジでろ紙の目が詰まり、「ギュー」と吸い込まれます。
しばらくエンジンを止めておくと、また、ろ紙が緩みます。
「ギュー」と吸い込まれて、最終的に吸い上げなくなり、油圧低下、前にも後ろにも動かなくなります。





CIMG4019.jpg

category: ベンツ Cクラス

tb: 0   cm: 0

W204 エンジン不動 電気ハンドルロック不良  

CIMG3533.jpg
今年も、いろんな車種・修理を行いました。
そんな中、Cクラス(W204)の突然エンジンがかからなくなる症状!
今年、何台か修理しましたね

電気ハンドルロック不良です。
EZS(イグニッションキーシリンダー)不良と間違えやすいです。

↑今回の修理車は、C63ワゴン!

そのC63がくせ者でした…



CIMG3534.jpg
通常、Cクラス(W204)のハンドルロック交換は、車上で交換できますが、

このC63は、他のCクラスには無い、ステアリングコラムチルトモーターが付いている為、車上で交換不可能でした。

ブレーキペダルまで取外し、ようやくステアリングコラムが取り外せます。




CIMG3536.jpg
↑取り出した、ステアリングコラムAssy
ブラケットも少し大きいようです。

向かって右、ブラケットより四角く飛び出たユニットが、ステアリングロックユニット!
壊れているので、取付ボルトをサンダーで切り取る必要があります。









CIMG3538.jpg
取り替え終わってから、テスターにてコーディングで終了!

category: ベンツ Cクラス

tb: 0   cm: 0

NEW Cクラス  

CIMG2920.jpg

ヘッドライトやバンパーの形状、
ボディーのシルエットも、現行Sクラスに似てますね~

でも、NEW Cクラスです




CIMG2924.jpg
テールランプのデザインやトランク周りのシルエットも、現行Sクラスに似てますね~

でも、小さい
NEW Cクラスです

category: ベンツ Cクラス

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック