FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

ランボルギーニー カウンタック クラッチ交換  

いよいよ、GW前
当店も、GW前の雰囲気になり、今週の工場は少し空いてきました。


CIMG1009.jpg

ランボルギーニー カウンタック のクラッチ交換作業!



CIMG1016.jpg

産みの苦しみ…     です




今回もクレーン車(ユニック)を手配したのですが、
ユニックが来てから、約40分で降りました。

フックにベルトをかけてから、30分で降りました。

今回は、かなりスムーズに早く、取り出せたと思います。





CIMG1018.jpg

↑この写真から、わかりやすいと思いますが、
エンジンは、通常FR車とは、逆向きに搭載され、フライホィール・クラッチは車両の前方に出力され、
ミッションに伝達され、エンジンオイルパン内を貫通している、カウンターシャフトにて、車両最後部のデフに伝達されます。

このレイアウトは、最新アベンタトールまで、伝承されている理想的なレイアウトで、
70年代に既に確立されていたようです。





CIMG1019.jpg

ミッションを切り離しました
特徴的な、カウンターシャフトが見えます。




CIMG1021.jpg
クラッチよく減ってますね~
フライホィールも熱により焼けてクラックが入っています





CIMG1023.jpg
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: ランボルギーニ

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

今日のピットクルー  

CIMG1002.jpg

↑今日の ピットクルー

今週は、スポーツカーが多いです。






CIMG1003.jpg

category: ブログ

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 1

カイエン サーモスタット交換  

CIMG0992.jpg

ポルシェ カイエンS 後期モデル

・水温が上がり気味になった
・エアコン作動時、異臭がする
・チェックエンジン警告点灯した事がある

↑という、不具合、問診でした。

とりあえず、チェックエンジンが点灯した事があるという事なので、テスター診断しました。

エンジンの項目にて、サーモスタット不良という故障メモリー

ラジエターサブタンクのクーラントレベルも下がっていたので、本当にヒート気味になりクーラントが噴いた事があるかも、そしてエアコン吹き出し口より異臭がしたと推測できます。



CIMG0993.jpg

動作不調だった、サーモスタット

面白いのは、サーモスタットは機械的しくみで動作するのに、電気的なテスターの故障メモリーにてサーモスタットと表示された事です。



CIMG0994.jpg

サーモスタットは、Vバンク谷間の前方にあるウォーターポンプの後ろにあるので、
インテークマニホールドを取り外す必要があります。
-- 続きを読む --

category: ポルシェ

tb: 0   cm: 0

X5 ミッション載せ替え  

CIMG0961.jpg

今週3台目のミッション脱着作業

BMW X5 





CIMG0960.jpg

4駆なので、ちょっと手間です




CIMG0959.jpg

今回は、コスト等の条件により、中古品のミッション載せ替えとなりました。
-- 続きを読む --

category: BMW

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

マンソリー カイエンターボ  

CIMG0962.jpg

マンソリー カイエンターボ

マンソリー完全コンプリート車です
かなり、レアですね



マンソリーの信条である、「世界で最も豪華で華やかな車造り」
超高級車を、カスタムするスペシャルブランド





CIMG0963.jpg

スペシャルなオ~ラがありますね


マンソリーは、今までの
豪華な、迫力・ボリュームアップに加え、
最近は、カーボンパーツを多く使う傾向ですね







CIMG0964.jpg
コンプリートなので、もちろんエンジンもバージョンアップされています





この車両、情報が少ないながらネットで検索すると、700馬力オーバー???

やっぱり、600馬力オーバーだと、4駆でなければ、グリップ不足でしょう

この車両の場合は、タイヤ幅315X4本分のグリップですね
-- 続きを読む --

category: ポルシェ

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

ベントレー 専用テスター  

CIMG0973.jpg
ベントレー コンチネンタルGT

運転席パワーシート動作不良

左右のシートを取り外し、左右の座面下パワーシートコントロールユニットを入れ替えて、診断テスト
この単純で物理的なテストの結果、パワーシートコントロールユニット不良と判断

パワーシートコントロールユニットと左右後ろのパワーウィンドウレギュレーター不良にて、本国オーダー
入荷後、パワーシートコントロールユニットを取付ました

なんと、問題の無かった右パワーシートと新品ユニット装着の左パワーシート共に、動作不調に陥りました



パワーシートコントロールユニットのコーディングが必要だったようです。


CIMG0975.jpg

ベントレー専用 純正VASテスターにて、コーディングが成功しました

やっぱり、ボディ系のユニット、しかもコーディングになると、専用テスターが必要になります

大活躍でした

category: ベントレー 

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

今日のピットクルー  

CIMG0951.jpg

昨日に引き続き、2台目Aクラス、エンジンミッション脱着作業

昨日のVAREOがリフトから降りて試運転中に、2台目作業のAクラスをリフトにかけて引き続き作業続行



CIMG0952.jpg

まだまだ、しばらくはミッション脱着大会続くでしょう














CIMG0958.jpg
↑こちらは、スマート

今回は、HIDキット取付けでしたが、
通常のヘッダランプバルブ切れでも、ここまでの作業が必要です

category: ベンツ Aクラス

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

アウディS8 フロント照明  

CIMG0939.jpg

アウディのフラッグシップ車
アウディS8です


最近のディライトブーム、EU諸国の法令化により始まりましたが、
そんな中でも、アウディはLEDのディライトやスモールは、
最近のアウディのアイデンティになり、先駆け感があります

↑S8スモール状態


CIMG0940.jpg
↑ロービーム状態
最新アウディのフラッグシップ車は、ロービームもLED連射です



CIMG0942.jpg
+ウィンカー状態



オールLEDです

category: アウディ

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

ミッション載せ替え  

CIMG0943.jpg

↑本日のピットクルー

定番の、ミッション不調の為、
ミッション載せ替え中



この後、この車を入れて、VANEO→A190→X5→カウンタックと4台、ミッションの脱着が順番待ち中

category: ベンツ Aクラス

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

カウンタック スピードメーターケーブルギヤ破損  

CIMG0935.jpg

ランボルギーニー カウンタック
スピードメーター不動



CIMG0936.jpg
異様に短いフロントフード部、
フロントフードの中、パイプフレームが見えてます



CIMG0937.jpg
左フロントハブ部
ハブキャリヤ内部に、スピードメーターギヤが見えています
左フロントタイヤの回転を90度向きを変え、スピードメーターワイヤーにジョイントします

アナログな機械式ギヤが仕込んでありますね

現在なら、回転数センサーにて、電気的パルス方式ですけど…



CIMG0933.jpg
スピードメーターギヤ部、完全にケースが割れてます
部品代も10万円超です。

高級腕時計と一緒で、機械式のほうが費用がかかります



CIMG0932.jpg










CIMG0938.jpg

category: ランボルギーニ

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

S600 イグニッションコイル交換  

CIMG0920.jpg

S600 
V12エンジン
定番のミスファイヤー不良
イグニッションコイル不良
今回は、左右同時交換となりました。

category: ベンツ S、CLクラス

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

V350 BIGX取付  

CIMG0928.jpg

ベンツV350(W639)に、アルパインBIGX(8インチナビ)取付完了しました。

今回は、同時にアルパインのリヤモニター(フィリップダウン10.2インチ)も取付ました。

どちらも、当社では初チャレンジとなりました。



CIMG0929.jpg

やっぱり、でかいですね
アルパインBIGXは、現在品薄状態のようです。

BIGXは、通常の2DIN1BODYナビではなく、サイズが違うので、何度も脱着して微調整、現車合わせで、ステーやフェイスパネルを作りました。

ナビ本体やウッドパネル等の、つらが完璧にきれいに納まりました。






CIMG0926.jpg

フリップダウンリヤモニター取付作業途中
オリジナルでステーを製作し、ルーフの骨組み部に、しっかり取り付けます
がっちり丈夫に取り付きました。







CIMG0930.jpg

category: ベンツ Vクラス

thread: カスタム - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

フェラーリーF430 マフラー交換  

CIMG0911.jpg

フェラーリーF430 マフラー交換



CIMG0913.jpg

左リヤサスペンション部
各アームはアルミ製
ロアアーム取付部に、アライメント調整用のシムが見えます
結構整備性いいです




CIMG0914.jpg
同じく、左リヤサスペンション部内側より、サスペンション取付部が、かなり頑丈そうなアルミ鋳物で出来てます

これは、F360以降採用された、ALCOA社製アルミスペースフレームです
ALCOA(アルコア)社とは、アメリカの世界屈指のアルミ製造メーカー





CIMG0921.jpg
美しいエンジンルーム

ボディサイズと比較して、V8のエンジン本体は、意外なほど長さが短く、幅も狭いです。

前より、エンジン、デフ、ミッションの順のレイアウトです。

面白いのは、デフ部分内部に、エンジンオイルのドライサンプ用のオイルクーラーが配置され、
エンジンオイルは、デフ上部(写真メッキのフィラーキャップ)より入れ、デフ下部にドレンボルトが付いています。




category: フェラーリ

thread: カスタム - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

おはようございます\(^o^)/  

CIMG0924.jpg

↑本日の ピットクルー

category: ブログ

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

繁忙期!  

CIMG0907.jpg


最近、ずっと、超繁忙期の為、只今、作業期間もいつもより長くなってしまい、代車0台順番待ち状態が続いています、毎日、遅くまでがんばっています。

修理完成待ち、入庫順番待ちの方には、
大変ご迷惑をおかけして、申し訳ございません。

もう少しお待ち下さい。

category: ブログ

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

アストンマーチンDB9  

CIMG0898.jpg

アストンマーチンDB9







CIMG0901.jpg






CIMG0902.jpg






CIMG0906.jpg

センターエアコン吹き出し口下にある、真ん中に鍵を差込み、エンジンをかけ、両サイドのシフトボタンを押して動かします。
初めて、乗った時は、動かし方がわからないかも





CIMG0904.jpg






CIMG0905.jpg

↑最近のアストンのアイデンティである、スワンスィングドア






category: アストンマーチン 

thread: 英国・イギリス車 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

メルセデスベンツ 7速ATミッション修理  

CIMG0895.jpg

↑写真手前のリフトで上げている、E500(W211)
ミッション2速ホールド 
何回かは、エンジンを切ってかけ直すと復活していたようです。

2速ホールドとは、電気的(各部センサー等の異常)なトラブルが発生した場合、
強制的に2速ホールド、いわゆるエマージェンシーモードとなる事です。
エマージェンシーモードとは、ミッション本体の保護と修理工場まで自走出来るモードです。


早速テスター診断、
ミッション本体内部の回転数センサー不良、故障メモリー有りです。

その後、故障メモリークリヤーにして、エマージェンシーモードが解除になったのを確認して、
試運転、正常に7速まで変速し、すべり・ショック等が無いのを確認して、
機械的(クラッチ等)にミッション本体の異常がない事を確認しました。



ちなみに、今回現車のE500は、メルセデスベンツ現行主流の7速オートマミッションです。



CIMG0893.jpg
↑ミッションのバルブボディを降ろしたところです。

今回の故障メモリー上の回転数センサーは、中央付近に見えている丸く黒い物体です。
この部分のみは交換できないので、
バルブボディの上に見えている黒い物体、ミッションコントトロールユニットとエレクトロニックプレート、一体で交換することになります。





CIMG0894.jpg
↑バルブボディは、ミッション内部の下についているので、ミッション本体を脱着する必要がありません。


最近、7速ミッションの修理が増えている気がします。
中でも、今回のような、ミッションコントロールユニットのみの交換作業が多くなっているような気がします。








CIMG0896.jpg
↑今日の ピットクルー

category: ベンツ E、CLSクラス

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 1

アウディA4 パワーウィンドウレギュレーター交換  

CIMG0892.jpg

↑本日の、オートサービス ピットクルー

お蔭様で、相変わらず、忙しくさせていただき、ありがとうございます。




今日は、想定外に手間取った、アウディA4をご紹介します。
ここ最近、アウディのブランド力・評価は、かなり上昇していますね
当社でも、最近入庫が増えてきました

CIMG0890.jpg

↑左フロントパワーウィンドウ動作時、「ギリギリ」異音修理
パワーウィンドウレギュレーターのワイヤーがこすれる異音ですね


早速、パワーウィンドウレギュレーターの交換です
が…

想定外に、手間取りました

交換の仕方がわからず、アウディの電子マニュアルを確認!

なんと、ガラスと窓枠、レギュレーターごと、上に引き抜くようです



CIMG0889.jpg
↑この状態で、レギュレーターの交換となります。

担当の川口君も、スマート以来の難解さだったと言っていました

category: アウディ

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

Eクラス(W210) ESP警告点灯  

CIMG0868.jpg

↑Eクラス(W210モデル)、ESP・BAS警告点灯

早速、DASテスターにて診断しました。
ESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)各部点検すると、
故障メモリー上、右後ホィールスピードセンサーが不良



↓現車を調べていくと…
CIMG0869-001.jpg
右のドライブシャフトに付いている、ホィールスピードセンサーの検出ギヤ部、パルスリングが経年劣化の為切れていました。
珍しい故障ですね

当初、ドライブシャフト交換(参考部品価格¥190400)の0見積りをして、中古品(参考価格¥50000)も用意していましたが、
EPC(部品カタログ)を良く見ると、パルスリング(¥1090)のみの供給があるのを発見しました。
自社で、EPCを所有していて良かったです


最近の車は、4輪のホィールスピードセンサーにて、常に回転数を監視しています。
どれか一つ回転数の差が出ると、スリップしていると判断して、ABSやトラクション等制御するようになっています。





CIMG0870-001.jpg











おはようございます。
CIMG0887.jpg
↑本日のピットクルー

お蔭様で、大変忙しいです

いつもより、作業時間がかかっています。

従業員一同、総力を上げてがんばっていますが、

遅くなり、申し訳ございません。





CIMG0871.jpg

category: ベンツ E、CLSクラス

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック