FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

スーパーレジェーラのリヤスポイラー  

CIMG1476.jpg
ガヤルド スーパーレジェーラ

スーパーレジェーラとは、イタリア語で超軽量です。



その、スーパーレジェーラ専用大型カーボンリヤスポイラーの造りが、すごい






CIMG1477.jpg
よく見てください


下の土台よりウィング部まで、継ぎ目無しの一体型のカーボンスポイラーになっています!

すごい造りですね~
凝っています


生産ラインDVDでは、一つ一つ手作業で成型し、磨き上げられ作っていました。

ここの造りを見てるだけで、うっとり美しいです
スポンサーサイト

category: ランボルギーニ

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

エンジン乗せ換え大会  

CIMG1766.jpg

今週は、エンジン乗せ換えの作業が多いです

↑ミニクーパーS
エンジンロック、回りません
恐らく、オーバーヒートが起因によるものです。
中古エンジンと乗せ換え予定です。




CIMG1767.jpg
↑BMW320i
走行中、いきなりエンジン停止
№1,3,4シリンダー、圧縮0
恐らく、バルブとピストンが突いた可能性があります。
エンジン乗せ換え予定
上記のミニからの、順番待ちです。






CIMG1675.jpg



CIMG1710.jpg
先週末、ようやく解決し完成納車できた。
ミニクーパーS
こちらは、オーバーヒートより、ヘッドガスケット抜けで交換、ヘッド面研しましたが、
圧縮復活せず、速攻でもう一度ヘッド降ろし…
結局、バルブガイドまで交換しなければだめでした。









最近、エンジン本体不良、重整備多い気がします。



これは、あくまで僕の主観であり、独断と偏見ですが…
最近のBMWのエンジンが弱いような…
気がします


エンジンオイル汚れも、他メーカーより汚れやすいような気がします

また、メーカーのオイル交換指定時期が、
なぜか、ベンツ、ワーゲン・アウディ、トヨタ、ニッサン等の1万km~1.5kmより、
圧倒的に長く、BMWの車種でも違うようですが、2万km~3万km設定のようです

あくまで、修理工場現場サイドで見た、僕の主観ですが、
これは、うそだと思います。

最近のBMWのカムアジャスターは、電動モーター駆動
ちなみに、ベンツのカムアジャスターは油圧です。

これが固着する不具合よく起きています。



故障回避の予防整備も含め、僕の持論は、むしろBMWのほうが、ベンツより意識して早めにオイル交換の必要がある気がします。



また、BMW系は、ラジエターやサブタンク、冷却系の樹脂材質が悪い気がします。
水漏れ多いです。
オーバーヒートの原因になります。
しかも、BMWの車種にもよりますが、水温メーターが付いていない車両もあります。






あくまで、僕の独断と偏見です
故障修理代がかからないように、オイル交換をしましょう。





category: BMW

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 1

フェラーリー612スカリエッティ  

CIMG1612.jpg
フェラーリー612スカリエッティ

フェラーリーの、昔より絶やさないラインナップである、FR、V12、2+2(4人乗り)です。
どこかの国で需要があるのでしょうか?

612、日本では、かなりレアな車です



CIMG1613.jpg





CIMG1611.jpg

category: フェラーリ

tb: 0   cm: 0

アウディTTクーペ ミッション不調  

CIMG1648.jpg
アウディTTクーペ
110000Km走行車

ミッション不調 修理

30分以上走行すると、変速時、ショック・スベリ発生




CIMG1650.jpg






CIMG1651.jpg

完全に直りました。

category: アウディ

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

DB9   

CIMG1717.jpg
↑アストンマーチン DB9






CIMG1718.jpg
↑右フロント

アストン伝統のアウトレットダクトデザイン





CIMG1720.jpg
↑右フロントサスペンション

バルクヘッド(エンジンルームと室内間隔壁)に、フロントサイドメンバーの取付の、アルミフレームの様子が見えてます
フロントサイドメンバーより、ストラットの取付がタワー状に取り付いてます。

category: アストンマーチン 

thread: 中古バイク情報 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

BMW335i  

CIMG1715.jpg
↑BMW335i

ヨーロッパで流行の、直噴+ターボ車です。
車名の335は、3リッターエンジンながら、3.5リッターと同等の出力の意味

試乗した感じ、3リッターにしては、想像以上に、かなりパワフルでスムーズです


↑直噴なので、ディーゼルエンジンのように、金属製のフュエルパイプがあり、
プラグの横に刺さって、電気的インジェクターの配線が見えます






CIMG1713.jpg
今回の入庫は、エンジン不調





CIMG1716.jpg
直噴専用、ハイプレッシャーフュエルポンプを交換しました。

category: BMW

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

1.4TSI タイミングチェーンノビノビ  

CIMG1712.jpg
1.4TSI エンジン

最近流行の、ダウンサイジングエンジン!
環境の観点より排気量を小さくし、直噴エンジン+ターボチャジャーにて、排気量以上にパワーを上げるような手法

さらに、ミッションはDSG、デュアルクラッチミッションの組み合わせ!

最近、ワーゲン・アウディグループの、得意で最先端なアイテムですね


最近、弊社でも直噴エンジンの修理が入庫するようになってきました。



↑ちなみに、エンジンの上に乗せているのは、交換したウォーターポンプ
ウォーターポンプも電気式クラッチ付きで、不必要なときはカットして、ロスを軽減するようです。
羽が樹脂製なのが気になりますけど…





CIMG1705.jpg
その最先端のエンジンですが…

タイミングチェーンが伸びるんです(-_-;)
写真では、わかりずらいですが、2本のチェーンの上は、ドライバーに吊り下げた状態です。

古いチェーンが伸びてますね
信じられません、タイミングベルトでも伸びたとは聞いた事がありません…

カムタイミングがずれるのです

古いタイミングチェーンの状態で、空回しすると、チェーンがたわんでおかしな動きをします
恐らく、チェーンテンショナーもおかしいのでしょう



最近のワーゲン系のエンジンは、カムシャフトとスプロケット間は、フリーで位置決めキーが付いていません。
カムシャフトを正規の位置に固定して、スプロケットを無段階にずらして調整
なるほど、厳密には一番正確なタイミンが取れる理屈ですね

category: フォルクスワーゲン

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 1

ポルシェ タイプ930 復活作業  

CIMG1701.jpg
ポルシェ911 タイプ930 です。
車齢25年以上です。

しばらく、放置していた車両のようで、エンジン不動状態でした。

たまに、放置車の復活作業をするのですが、まず、ガソリンですね。
ガソリンは、思っている以上に早く腐ります。
腐ると、独特の異臭がして、酷くなるとヘドロのようにどろどろになり詰まる事があります。


今回の修理車の場合、エンジンにガソリンが来てなくて、ガソリンポンプが不動、ガソリンポンプには電源が来ているという状態なので、通常の修理だと、ガソリンポンプがアウトで、交換で完了と判断するところなのですが…

そこは、年式が古い放置車両なので、頭を切替て用心が必要です。


CIMG1645.jpg
↑ガソリンタンク、底面真ん中にドレンコックと一体型のフィルターが付いてます。
ちなみに、メインのフュエルフィルターは、ガソリンタンク下のポンプを通過した後の、エンジンルーム内に付いています。

タンク内、酷い錆が溜まってます。
ガソリンポンプを新品にしても、即、この錆が詰まって、アウトになるでしょう。



CIMG1700.jpg
ガソリンタンクを降ろしました。
911は、タンクの脱着が比較的簡単です。

ガソリンタンク内を、洗浄します。
何回も水を入替、ジャバジャバひっくり返し、すごい量の錆が出てきます、
オートバイタンク用の「花咲かジイ」という錆取りケミカル剤を使い、2日かかりできれいにしました。

最終的には、タンク内の錆は完全には取れきりませんが、前出のフィルターがあるので、
タンク内の構造を理解し、ポンプに供給する方を完璧にきれいにすれば、当分問題が無いでしょう。



とりあえず、無事、エンジンがかかりました。
次の作業に入れます。








category: ポルシェ

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック