FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

レンジローバー ミッション修理  

CIMG3815.jpg
レンジローバー 3rd(サード) です。

ひと目で、気品のあるレンジローバーとわかる外観、
そして、大きいですね

今回は、ミッションの不調
お客様が自走でご来店、即一緒に試乗!
いきなり「ウヮーン」とタコメーターが上がります
この状態で、よく自走で来店出来たと思いました。
完全に、ミッション本体内クラッチが滑ってます。
無条件、ミッション本体不良、降ろして、フルオーバーホールしないといけない状態でした。


この年代のレンジローバーは、BMWの4.4リッターV8DOHCエンジンで、
ミッションは、これもBMW系の、ZF社製5速ミッションです。





CIMG3814.jpg
↑左がミッションで、右がトランスファー

最近のZFミッションは、インナーパーツの供給が無い物が多いのですが、
この時代の、ZFミッションは、インナーパーツの供給があり、オーバーホール可能です。







↓早速、全バラ状態
CIMG3819.jpg
まだ、作業途中ですが、とりあえず全バラで各部点検






CIMG3821.jpg
一般的なオートマチックミッションは、複数組の湿式多板クラッチがあり、その締結の組み合わせで、プラネタリーギヤのロックする位置を変えて、変速を変えています。

その湿式多板クラッチを締結するために、ピストンがあり圧着するわけですが、
今回、そのピストンのゴムのシールが1箇所切れているのを発見しました。
これでは、ピストンの油圧がリークし、圧着が弱いので、クラッチが滑るでしょう。
とりあえず、1箇所間違えなく不具合箇所が発見出来たので良かったです。

ミッションの不具合は、1箇所だけではない場合が多いので、よく点検します。



CIMG3866.jpg





CIMG3822.jpg
↑バルブボディの右側にソレノイドバルブがたくさん並んでいます。





レンジローバー(サード)、ミッションの滑り等、不具合・故障について、
修理方法は、ミッション本体の新品(又はリビルト品)Assy交換、中古品とAssy交換、現物分解修理とありますが、
費用的にも、サードを継続して乗っていけるかにも、かかわる重整備です。
現物分解修理が出来たので、また、お気に入りのサードを継続して乗れるようになってよかったです。
スポンサーサイト

category: ランドローバー

tb: 0   cm: 2

カーセンサーに、中古在庫商品車、掲載中!  

CIMG3762.jpg

1月23日金曜日より、カーセンサーにて、ピットクルーの在庫中古商品車掲載中! 

当ブログでも、リンク しています。


http://www.carsensor.net/shopnavi/302739001

↑是非、見て下さい!


先週の23日金曜日より、毎日カーセンサーの更新しています。

たまたま、ピットクルーとしては、在庫中古車が多く、まだまだ掲載出来そうです。

category: 会社紹介

tb: 0   cm: 0

FIAT500 セミオートマミッション  

CIMG3766.jpg
↑今日の、作業紹介は、手前右の FIAT500 です。
走行中、ミッションの警告灯が点灯し、そのまま走行不能に陥りました。

僕が、お電話をいただき緊急出動!
レッカー車で駆け付けた時は、エンジンはかかっていますが、前進後進共せず、ウィンチで引っ張り上げて、引き取ってきました。







CIMG3764.jpg
↑左フロントタイヤとフェンダーインナーライナーを取り外したところ。
横置きFF車で、左側にミッションがレイアウトされています。

今回の故障原因は、↑矢印部、セミオートマ作動用油圧ポンプ(電動モーター)が不動でした。

FIAT500のミッションは、セミオートマミッション、2ペダルですが、マニュアルミッションベースで、乾式クラッチの締結とギヤチェンジ操作を油圧で作動しています。
その作動用油圧ポンプが不動でした。

基本的に、フェラーリーF430以前のF1マチックやマセラティのカンビオコルサ、アルファロメオのセレスピードの、セミオートマミッションと、同じ仕組みです。






CIMG3765.jpg
↑矢印部、ミッションの前に油圧ポンプが取り付いて、オイルタンクと一体式です。
フェラーリーやマセラティと形は違いますが、メーカーはマグレティマレリーで一緒でした。




CIMG3763.jpg





CIMG3767.jpg
「P」レンジはありません。
セミオートマミッションは、乾式クラッチ(トルクコンバーターではない)なので、ショックやギクシャク感がありますが、ダイレクト感がありスポーティです。
元々は、マニュアルシフトと比べて、速くシフト出来て、レースやスポーツカー用です。

FIAT500の場合は、2ペダル式でイージーをそのままに、一般的なオートマチックミッションと比べ、軽量・コンパクトというメリットから、採用されたのではないかと思います。

category: フィアット

tb: 0   cm: 0

W221後期モデル ヘッドライトクリーニング作業  

CIMG3703.jpg

↑ 今回の現車は、 メルセデス・ベンツ S400ハイブリッド でした。

写真を見てわかるように、W221後期モデルです。
W221の後期モデルも、クリーニングの時代にきましたね



CIMG3702.jpg
↑定番の、ヘッドライトレンズ 内側の曇り クリーニング作業です
新品のようにクリヤーになりますが、レンズ自身の材質の劣化は改善できません。



正直、かなりの手間と時間の作業です。

category: ベンツ S、CLクラス

tb: 0   cm: 0

本格的に、中古車販売業務 開始!  

CIMG3761.jpg

本日より、カーセンサーデビュー!しました。

最近、10日間程、カーセンサー掲載準備の為、忙しく、ブログ更新が出来ませんでした




ピットクルーは、本格的に、中古車販売業務を開始することになりました。

当ブログ、右上にも、「ピットクルーの中古車在庫」をリンクしました → 

創業より、輸入車専門で整備・修理をメインの業務とさせていただいてましたが、
今年より、カーセンサー(若菜企画)様と、契約させていただき、中古車雑誌やインターネットへ広告を掲載させていただき、中古車販売業務を行います。


これからは、弊社ユーザー様からの下取り・買い取り車を在庫し、カーセンサー様にて、掲載することとしました。
「Yahooの中古車物件」や「みんから」ともリンクしているようです。


弊社の、中古車在庫車両は、弊社ユーザー様より、直接下取り・買い取りした車なので、整備履歴があり安心です。


CIMG3762.jpg






http://www.carsensor.net/shopnavi/302739001

↑覗いてみて下さい。



これからも、輸入車専門修理・整備業務が、メインとなる事は変わりありませんが、
在庫中古車販売の掲載を、
私自身、新しいチャレンジに、どれくらいの反響があるか、楽しみにしています。

category: 会社紹介

tb: 0   cm: 0

テスラ  

CIMG3606.jpg
↑ テスラ モデルS P85D

以前にも、当ブログで紹介したことがある、テスラです。

完全、電気自動車です。

今回は、一番ハイパフォーマンスのモデル P85D です。
もちろん、ガソリンエンジンは付いていないのですが、
3.4秒で時速100kmに到達し、最高速は自主規制の250km/h、満充電での走行距離は480km、
今までの電気自動車の概念を完全に超えています。



CIMG3607.jpg
実際試乗してみると、もちろんエンジン音はありませんが、モーターのうなり音も全くなく、タイヤノイズと風切音しか聞こえません。
出足・加速は、素晴らしく、私の主観だと、ガソリンエンジンの馬力で換算すると、450馬力以上のパワー感があるように思います。

足回りは4輪エアサスで現在の欧州・日本車と比べても違和感もなく、ブレーキも充分効きます

アメリカの新興自動車メーカーで、完全電気自動車ですが、造りの悪さや荒さ、違和感は全く無く、しっかりして高級感もあります。



CIMG3608.jpg
↑テスラは、何よりインパネ周りのデザインにインパクトがあります。

まるで、未来の車のようです
独特のデザインですが、スマートでまとまっています。


前回見たテスラは、左ハンドルでしたが、今回入庫したテスラは右ハンドル車、もちろん全て日本語表記


センターの大型モニターは、17インチ!
もちろんタッチパネルで、操作感は iPad と一緒です。
車の、スマフォ化が進んでいます。

↑は、ドアを開けた状態で、センターモニターは、ナビ画面状態





CIMG3609.jpg
↑は、次に、運転席に座り、ブレーキペダルを踏んだところ

テスラには、エンジンONやスイッチONという概念は無く、電源スイッチがありません。
もちろん、キーレスリモコンをポケットに入れたまま、ドアを開け、ブレーキを踏んで、
右のコラムレバーを、「P」レンジより、「D」又は「R」レンジにすると、自動的にサイドブレーキも解除され、全く音も無く動き出します。

↑ブレーキペダルを踏むと、ハンドルが軽くなり、液晶モニターのメーターパネルには、円の右は速度、左は発生パワー/惰性発電を表示、その他残電力や走行可能距離が表示されたり、オーディオ等様々な情報が表示されます。
この時の、センターモニターは、車両の様々な設定や操作、↑画面はエアサスの状態、






CIMG3613.jpg
↑この時の、センターモニターは、航空写真によるナビ画面、オーディオ操作、エアコン操作画面です。





CIMG3561.jpg





CIMG3560.jpg
↑早速、リフトアップしました。
エンジンやマフラー類、プロペラシャフトも無く、フラットで後部はディフェーザー処理されています。

category: 入庫車アルバム

tb: 0   cm: 0

トランスファーモーター不良  

CIMG3563.jpg
↑本日の、ピットクルー



CIMG3569.jpg
↑早速、オンザカーリフト、活躍しています。

ゲレンデの場合、今までの2柱リフトだと、ラダーフレームに足をかけるのですが、従来より足をかける位置がどうしても前後短くなり、不安定でした。

オンザカーリフトだと、全く安心して作業できます。



CIMG3580.jpg
↑今回の症状は、「D、R」レンジ共、前後せずです。
ゲレンデ定番故障のひとつである、トランスファモーター不良交換作業です。

モーター交換後は、テスターにてセットアップする必要があります。

category: ベンツ Gクラス

tb: 0   cm: 2

明けまして、おめでとうございます!  

改めまして、あけましておめでとうございます

今年も、よろしくお願いいたします。


オートサービス ピットクルー は、本日より通常通り営業しています。

CIMG3559.jpg

お陰さまで、年明け初日より忙しくさせていただいています。






CIMG3557.jpg
↑年末年始の休暇の間を利用して、前々より欲しかった、オンザカータイプのマルチリフトを新設工事をしました!

これで、かなり低~い車や、2柱リフトで上げ難い車等、即リフトアップ点検できます。
また、タイヤが着地して自重がかかった状態でしか出来ない、点検整備も可能となります。




category: ブログ

tb: 0   cm: 0

あけましておめでとうございます。  

011.jpg


謹賀新年

旧年中は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
本年も一層のお引き立てのほどお願い申し上げます。



pitcrewlogo(FAX).jpg

category: ブログ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック