FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

63NAエンジン 異音  

CIMG2837.jpg
タイトルは「63NAエンジン」となっていますが、
今回の修理車は、正確には、M156エンジン

それまでのAMGモデルは55と呼ばれ、V8 SOHC 5500cc+スーパーチャージャーの500馬力が、メインだったのですが、
その次のAMGモデルは63と呼ばれ、V8 DOHC 6200cc NAの525馬力、M156エンジンがメインとなりました。
現在のAMGモデルは同じ63と呼ばれていますが、V8 DOHC 4000cc+ツインターボの612馬力、M177エンジンがメインとなっています。

なので、M156エンジンは、先代のAMG主力エンジンとなりますが、
通常AMGエンジンは、メルセデスの標準モデルのエンジンをベースに、パワーアップしているところ、
この、M156だけは、先にも後にも、エンジンブロックまで、AMG専用エンジンとなっています。
また、エコとは無縁の6200cc大排気量NAというのも、ダウンサイジング全盛の現在では今後誕生しない、最後のエンジンになるかもです。


この、AMG専用の名機M156エンジンが、タペットのような異音にて、入庫です。










CIMG2834.jpg
異音は、右バンクから聞こえました。
早速、ヘッドカバーを開けてみました。

右バンクインテークカムシャフトが削れています。
異音の原因はこれですね。


`80年代、560SELも、右バンクのカムシャフトの山が摩耗しました(僕も古いですね)
歴代メルセデスは右バンクの油圧ラインに問題があるのでしょうか?

恐らくエキゾースト側は斜めの下なので油溜まりがあるので、セーフだったのかも









CIMG2835.jpg

右バンクインテークカムシャフトの拡大
見事に、山が削れています



CIMG2874.jpg
カムシャフトを外すと、ハイドロリフターにも削れて穴が開いています




CIMG2876.jpg
右バンクインテークカムシャフトとハドロリフター8個の、交換になりました。




CIMG2877.jpg

M156エンジンにこの症状多いですね。
予防対策としては、通常よりも意識して、エンジンオイル管理をすることでしょう

M156と言えば、この他にも、ヘッドボルトは緩み・折損したり、
名機とはいえ、手間がかかるみたいです

ちなみに、6200ccなのに、「63」エンブレムは、往年のAMGから継承されたものです。
スポンサーサイト

category: ベンツ S、CLクラス

tb: 0   cm: 0

ロールスロイス レイス カスタム  

CIMG2694.jpg
ロールスロイス レイス

↑カスタム施工前です
ロールスのクーペ、豪華ですね
別格です






CIMG2766.jpg
↑いろいろ作業中





CIMG2767.jpg
↑完成しました
フォージアート22インチ&ローダウン

写真ではわかりにくいですが、実物の見た目は、ガラッと変わりました。
元々高めな車高の車なので、ローダウン量はかなり多めです、何度か調整をトライしました
ここまで落として、22インチの扁平薄いタイヤでも、乗り心地が普通に良く、乗り味もあまり変わらないのにびっくりです



CIMG2768.jpg
こんな大柄なクーペは、大きめのホィールが良く似合います
ホィールのセンスもばっちりですね




CIMG2769.jpg

レイスの特徴的なリヤビュー
一目見てレイスだとわかる、オリジナリティ
さすが、ロールスブランド、絶妙なデザインです

ホィールのオフセット設定もばっちりですね






CIMG2771.jpg
4ドアは、リヤドアのみが逆開きですが、
2ドアは、御覧の通り、インパクトがありますね
乗り降りの際、つま先が広く、理にかなっています
閉めるときは、フロントピラーの三角窓のところにあるスイッチで、ドアが閉まります




CIMG2773.jpg

category: ロールスロイス

tb: 0   cm: 0

ランドローバー、ディフェンダー  

根強い人気がある、ランドローバー、ディフェンダー

今回は、継続車検整備でのご入庫です。

CIMG2675.jpg




CIMG2676.jpg





CIMG2677.jpg






マフラーが腐食して穴開き排気漏れ、このままでは、継続車検は通りません。

しかし、生産終了品。



現物修理後 

CIMG2679.jpg




CIMG2682.jpg





CIMG2680.jpg

category: ランドローバー

tb: 0   cm: 0

すごいラッパの数!  

CIMG2830.jpg
ランボルギーニ ガヤルド





CIMG2829.jpg

すごいラッパの数です

V10エンジンで、20個のラッパです

美しい音色を奏でそうです♪



CIMG2831.jpg

category: ランボルギーニ

tb: 0   cm: 0

最近、流行りのタイミング系  

CIMG2730.jpg

E250(W212)、
チェックエンジン警告点灯
始動時、セルが長い、かかりが悪い
始動直後、「ガラガラ」異音






CIMG2731.jpg

最近、やたら、タイミングチェーンやスプロケットの修理が多い気がします。


今回は、カムシャフトを進角させる為の、油圧で作動するタイミングアジャスターの動作不良の為、カムスプロケットAssy交換です。






CIMG2732.jpg
最近は、
ベンツのV6、V8、直4は、タイミングチェーンのスプロケットは磨り減るし、
ワーゲン系は、タイミングチェーンが伸びるし、
BMW系は、バルブトロニック系の不良や、バルブシールからのオイル下がり

その度に、カムシャフトを固定する為の、新しい特殊工具、買う事になっているような

一昔前は、こんなにタイミングチェーン関係を外す事が、なかった気がします。

どちらかというと、国産の修理工場は10万キロのタイミングベルト交換を行う機会が多く、
弊社では、イタリア系のタイミングベルトはありましたが、
本来、タイミングチェーンはメンテネンスフリーなので、弊社では、緊張するタイミングチェーンの取り外す機会は少なかったような気がします。

そもそも、金属製のタイミングチェーンが伸びるなんて…涙

category: ベンツ E、CLSクラス

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。