FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

63NAエンジン 異音 カムアジャスター  

今年の上半期は、M156エンジン(V8 6200ccNA AMG専用)の修理が多かったです

M156エンジン、今後出てこないであろう、大排気量NA、AMG専用エンジン
素晴らしい名機だと思います

しかし、エンジン本体の故障が多いですね
・カムアジャスター交換
・カムの摩耗にて、カムシャフトとハイドロリフター交換
・ヘッドボルト折損の為、ヘッドガスケット抜け、シリンダー内水入り
・ピストン割れにて、エンジンAssy交換
・インマニ内割れ
どれも、このエンジンの定番修理です。



CIMG2902.jpg

今回は、カムアジャスターの交換です。
油圧にて、カムスプロケット部を進角させる機能するところです。
この作業も、このエンジンでは定番ですね






CIMG2903.jpg

カムアジャスター交換の際には、カムシャフトを固定する、専用工具が必要です




CIMG2904.jpg

今回交換した、カムアジャスターです


名機なんですけどね~




CIMG2905.jpg
スポンサーサイト

category: ベンツ S、CLクラス

tb: 0   cm: 0

ミニクーパーS バルブシール交換  

mini1.jpg
BMW ミニ

今回の修理依頼は、マフラーより、煙が発生

マフラーの煙は、エンジンオイルがシリンダーの中に漏れて、燃えるので煙が発生します。
エンジンオイルがシリンダーの中に漏れる原因は、バルブシールのゴムの硬化経年劣化で気密性不良になります。
バルブシールの交換作業になります。

少し前までは、多少煙が出ていても、そのまま乗るケースが多かった気がしますが、
最近は、長く乗っている方や中古車車販の際に修理するケースが多くなっている気がします。

BMWの4気筒や直列6気筒エンジンと同じく、
このエンジンも、バルブトロニックシステムが採用されています。






mini2.jpg
↑エンジンヘッド廻りを分解した部品
バルブトロニックシステムの為、複雑ですね。
カムシャフトが3本並んでいます。

一番上のカムシャフトは、インテーク用
そして、真ん中のカムシャフトは、バルブトロニックシステム用です。

このバルブトロニックシステム用のカムで、インテークバルブを押して、バルブリフト量を変えて、スロットルバルブの替わりに吸気量を操作しています。







CIMG3016.jpg
シリンダーヘッド内には、カムシャフトやリフター等は取り外し 無い状態です。



mini3.jpg
今回のマフラーの煙とは関係ないですが、このエンジンもタイミングチェーンが伸びるので、交換しました。









CIMG3020.jpg
本来、正規の修理の仕方は、エンジンヘッドAssyを降ろし、バルブを取外し、バルブシールを交換するのですが、

弊社では、車上で、エンジンヘッドが乗ったまま、バルブシールを交換する方法にしています。

この作業方法のほうが、手間、時間、部品、コストの節約が可能になります。







mini4.jpg
↑これが、問題のバルブシール






僕が思うに、最近のBMW系エンジンお得意のバルブトロニックシステム。

通常のスロットルボディ付きのエンジンは、スロットルボディを可変させると、スロットルボディからインテークバルブ間に負圧が発生します。
バルブトロニックの場合は、スロットルボディは無く、インテークバルブリフト量ににて吸入吸気量を変化させているので、インテークマニホールド内には負圧がかからず、エンジンヘッド内のインテークポートに強烈な負圧がかかるので、インテークバルブシールから、オイルが吸われるのではないかと推測しています。

また、インテークポート内にオイルが吸われると、インテークバルブ付近にオイルスラッジが溜まりやすく、
バルブトロニックでバルブリフトさせても、正確な吸入吸気量が制御できなくなります。




category: ミニ

tb: 0   cm: 0

残暑お見舞い申し上げます。  

   残暑お見舞い申し上げます!   

CIMG2773.jpg

まだまだ、暑いですね~


ピットクルーは、
8月11日から8月16日まで、夏季休暇とさせていただきます。
よろしくお願い致します。

category: ブログ

tb: 0   cm: 0

ガヤルド エアコンコンプレッサー交換  

ガヤルド、クーラーが効かない 修理

当ブログ前回記載の、R8のクーラーコンプレッサー本体不良に続き、クーラーコンプレッサー本体不良

前回記載した通り、最近の欧州車は、クーラーコンプレッサー本体不良が多く、弊社でも、ひと夏で、かなりの台数のクーラーコンプレッサーを交換しています。


ランボルギーニーガヤルドとアウディR8は、兄弟車両です。
前回のR8はエンジンを脱着しなければ、コンプレッサーの交換が出来なかったのですが、
ガヤルドは、エンジン脱着無しで交換できそうです。

兄弟車で、フレームや足回りは共通なのですが、エンジンが、V8とV10の違いで形状が違うからのようです。






CIMG3352.jpg
↑写真向かって左がフロント方向
この作業中の写真は、ようやくクーラーコンプレッサーの交換が終わった直後です


CIMG3353.jpg
新品のコンプレッサーの下のエンジン本体、たくさん穴が開いているところは、
エンジンオイルポンプとウォーターポンプが取り付いていたところ、
ガヤルドは、エンジンオイルポンプ・ウォーターポンプを取外して、エアコンコンプレッサーを交換します。





CIMG3354.jpg
ガヤルドもR8と同じく、
エアコンコンプレッサーやエンジンオイルポンプウォーターポンプは、シャフトドライブ
オルタネーターは、ベルトドライブです

沢山開いている丸い穴、前の大きい2個はウォーターポンプ用、後ろの沢山の穴はエンジンオイルポンプ用になります。
ドライサンプなので、エンジンの下にはオイルパンが無く、
別体のオイルタンクからオイルポンプに供給されて、オイルポンプからエンジン本体内部に循環されます




CIMG3355.jpg

↑これが外した、ウォーターポンプ・エンジンオイルポンプ





CIMG3356.jpg

やはり、エアコンコンプレッサーの下に、かぶるように取り付いてる、ウォーターポンプ・エンジンオイルポンプを外さなければ、コンプレッサーの交換が出来ません




CIMG3358.jpg

今回のガヤルドの、コンプレッサーの交換作業において、細かいОリング等追加部品が発生しました。

エアコンコンプレッサーはもちろん、追加の細かいОリング関係の部品もすべてが、国内欠品本国オーダーでした、
また、発注までの、部品の在確見積り対応も遅く、修理に時間がかかってしまいました。

category: ランボルギーニ

tb: 0   cm: 0

アウディ R8 クーラーが効かない エアコンコンプレッサー交換  

アウディ R8
クーラーが効かない 修理

一昔前のクーラーコンプレッサーは、ベルト駆動されているプーリー部にマグネットクラッチがあり、ここのON/OFFで「カチッ」と音がして、コンプレッサーがON/OFFしていました。

最近の欧州車では、プーリー部にクラッチが無く、コンプレッサー内部に、無段階の切り替えバルブがあり、要求圧力に応じて作用するようになっています。
この、コンプレッサー内部の無段階バルブがくせもので、固着して、圧縮しなくなります。

ベンツ等でも、10年以上前よりこのタイプのコンプレッサーで、時々全くクーラーが効かなくなるとか、たまにクーラーの効きが悪くなるという症状で、弊社でも、毎年夏場は、かなりの台数、エアコンコンプレッサー本体交換を、こなしています。

欧州車で、エアコンコンプレッサー交換は、定番の故障ですね




R8-1.jpg

今回は、アウディR8
クーラーが全く効かない
診断すると、やはりエアコンコンプレッサー本体不良!

ちなみに、コンプレッサー内部の切り替えバルブ不良は、機械的故障なので、故障メモリーには入りません。
テスターで、圧縮圧力等実測値の点検にて、判断します。





CIMG3243.jpg

前記したように、最近の欧州車は、エアコンコンプレッサー本体交換は定番故障ですが、
アウディR8は、エンジンを脱着しなければ、エアコンコンプレッサーの交換が出来ません。


↑ちなみに、エンジンが、ボディセンターより左にずれていますね、
これは、エンジンの右下に、フロントドライブ用のシャフトが通っているからです




CIMG3258.jpg

↑エンジンを降ろしました




CIMG3257.jpg

↑美しいオブジェのようです
特に、エキゾーストマニホールドの形状が、機能美を感じます

向かって左がフロント方向、V10エンジンです



CIMG3256.jpg

エンジン右側面には、オルタネーター
R8は、オルタネーターのみがベルト駆動で、
エアコンコンプレッサーやウォーターポンプは、シャフトドライブです




CIMG3259.jpg





CIMG3260.jpg

↑この奥に、エアコンコンプレッサーがレイアウトされています。




CIMG3262.jpg

↑右バンクエキマニ等を取外して、ようやく、エアコンコンプレッサーが外れました

やはり、エンジンを降ろさなければ、コンプレッサーの交換は不可能です




CIMG3264.jpg

category: アウディ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック