ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

マセラティ ミッションマーク警告灯点灯  

700 (2)

一世代前の、マセラティ クワトロポルテ
前期モデルなので、ミッションは、セミオートマ
マセラティ的には、カンビオコルサ!
フェラーリのF1マチックと一緒で、メーカーによって呼び名が違いますが、セミオートマです。


ちなみに、当ブログ、‘16.11.20. ‘16.12.04.に引き続き、3連続ミッションネタになります。


入庫後、早速テスター診断しました。
故障メモリー上、セミオートマオイル不足不良のようです。



セミオートマの作動油の、量の点検を行います。
700 (1)

↑トランクルームの、スペアタイヤの形をした、樹脂製の床を取り外しました。

セミオートマの作動油を点検するのに、ここまで分解する必要があります。






800.jpg

↑写真正面、黒いフレームが、リヤサブフレーム
真中の、ホースがいっぱい刺さっている物体が、セミオートマのクラッチやシフトを操作させるための、コントロールバルブ!
このコントロールバルブから、油圧が各アクチュエーター(ピストン)に行き、動作させています。

このコントロールバルブの前にあるのが、デフです。

デフの左横、丸い黒い物体が、セミオートマ作動油用のタンクです。

こんなところにあるので、普段はなかなか、レベル点検や補充がしにくいですね。

フェラーリーのF1マチックも同じようなタンクを使用していますが、
マセラティの場合は、レイアウト的に整備性が悪いので、レベルセンサーがあり、今回それが反応したようです。

一通り、オイル漏れを点検しましたが、にじみ等もほとんどないので、
オイルレベル補充で対応しました。


デフの前は、ミッション(メカニカルギヤタイプ)があります。
ちなみに、セミオートマのクラッチ交換する際は、

このサブフレームの、再後端のフレームを取り外し、デフ・ミッションを、後ろにずらし、降ろす必要があります。






900.jpg

↑下廻り、後ろから、
正面に見えるのが、デフ・ミッション!
ミッションの両サイドに、マウントがあり、サブフレームにマウントされています。
つまり、デフより前にマウントがあります。



1000.jpg

↑下廻り、前から、

エンジン両サイドから降りてきたマフラーの、左右大きな塊は触媒です。
エンジンの下は、ドライサンプなので、オイルパンはありません。

↑写真の、エンジンより前の、太いサブフレームは、フロントタイヤの車軸ラインです。
その後ろの左右に、エンジンマウントがあるので、フロントミッドシップ


前方より、エンジン→クラッチハウジングケース→トルクチューブ→ミッション・デフ のレイアウト

クラッチ交換を行う際は、ミッション・デフを降ろして、
黒くて太くて大きく、かなり重たい、トルクチューブを降ろし、
クラッチハウジングケースを外して、乾式クラッチを交換します。

つまり、エンジン→クラッチハウジングケース→トルクチューブ→ミッション・デフは、
リジットな一体型で、エンジン左右のマウントと、ミッション左右のマウントの、4点支持
どちらのマウントも、前後車軸ラインの内側なので、ミッドシップにこだわっているようです。

スポンサーサイト

category: マセラティ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/345-c603b4dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック