ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

Sクラスクーペ カブリオレ  

CIMG0502.jpg
Sクラス クーペ カブリオレ


久しぶりにデビューした、フルサイズの、Sクラスの、オープンモデルです。
メルセデスで、フルサイズのオープンモデルは、44年ぶりだそうです。


やはり、フルサイズ4シーターのオープンモデルは、エレガントで美しいです




CIMG0507.jpg

やっぱり、このアングルからのオープン時のルックスが、かっこいいですね。

サイドウィンドウ下端のクロムモールが、キャビンデッキラインを、水平に包むようなきれいなデザインで、
しかも、サイドウィンドウも完全に収納されます。

トランクリッド後端まで、スパッと水平ラインです




CIMG0506.jpg

インテリアや装備は、Sクラスクーペに準じていますが、

ヘッドレストの下には、エアスカーフ機能で、温風が首の後ろから出てきます。

その他、シートやステアリングはもちろん、アームレストまで、ヒーターで、温かくなります。





CIMG0480.jpg

オープンで、サイドウィンドウを立てた状態

このルックスも、おしゃれです






CIMG0492.jpg

クローズドスタイル、
幌・ソフトトップです。
普段、オープンにする事があまり無くても、幌の状態のルックスが、高級感がありますね

ここ最近、約25年ぐらい前より、様々なメーカーより、ソフトトップからハードトップな、オープンモデルに移行してきましたが、
大きなルーフを、折りたたんで完全収納するには、幌の方が都合がよかったとはいえ、
最新のモデルが、あえてソフトトップというのも、新鮮でエレガントにみえますね

この、ソフトトップとボディのカラーの組み合わせは、幾通りかあります。












CIMG0489.jpg

今回の、最新オープンモデルは、↑この機能が、新しい!

「エアキャップ」のスイッチを押すと、
フロントガラス上に、ディフレクターが上がります。





CIMG0490.jpg





CIMG0491.jpg

「エアキャップ」のスイッチを押すと、

フロントのディフレクターと同時に、リヤシート後ろのスクリーンが立ち上がります。

フロントのディフレクターで、風を跳ね上げ、後ろのスクリーンで巻き込みを防止します。

さらに、4枚のサイドウィンドウを閉めると、快適なオープンエリアが出来るようです。



CIMG0495.jpg

サイドパネルの、リヤに向かって下降する、プレスラインも絶妙です。






CIMG0510.jpg

たまたま、フルサイズオープンモデルが、もう一台あったので、
並べて、記念撮影しました。
スポンサーサイト

category: ベンツ S、CLクラス

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/349-4d0fde30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック