FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

フェラーリ 458 スペチアーレ リモコンで、マフラー可変バルブ  

CIMG1014.jpg

458スペチアーレ







CIMG1015.jpg

ダウンサイジング全盛の現在、フェラーリでも排気量を落とし過給機付きの時代の流れに流されていますが、
この458スペチアーレーは、今後出てこないかもしれない、大排気量NAエンジンの希少なスペチアーレです。

この車両は、スペチアーレでもセンターラインが無く、ルーフがブラックの2トーンカラー、この塗り分けが、すごくセンス良くかっこいいですね
また、各部に、カーボンやブラックダクト等のアクセント・コントラストが、またいい感じです。





この走りに特化した、スペシャルなスペチアーレも、
意外と排気音は静かです。

マフラーは、純正で切り替えバルブ付きで、高回転時は開放でオープンモード、低回転時は閉じてサイレントモードを、オートで切り替わっています。

先代のスクーデリアや先々代のチャレンジストラダーレと比べても、スペチアーレの低回転時はかなり静か
スクーデリアやチャレストのマフラーは、純正で日本の法律上無理?というくらい、音量が大きかったのですが、
スペチアーレは、排気量が一番大きい割に、意外と静かでおとなしい印象すらあります。

走り出して、高回転で切り替わり、オープンモードになると、それなりに大きいのですが、運転席からは音が後ろに飛んでいるので、意外と静かなままの印象











CIMG1023.jpg

スペチアーレ専用の、独特なカーボンのスイッチタワー
この下に、置いてあるのが、今回取り付けた、マフラー切り替えバルブのリモコンです。

純正マフラーの切り替えバルブを、リモコンにて任意に切替え出来るようにしました。
リモコンで切替えると、アイドリングやスタート時、軽く空ぶかししても、印象がガラっと変わり、迫力の音量
大排気量独特の重低音

また、オープンモードにしたままでも、低回転がスカスカになるとか、ほとんどありません。






CIMG1009.jpg
純正マフラー切り替えバルブを、後付リモコンにて任意に切替え出来るユニットを取付ける為に、配線作業をしているところ。

今回は、これにもうひと工夫

従来は、後付リモコンにて、ON/OFFすると、純正切り替えバルブが、強制的に、オープンモードかサイレントモードになる仕様でした。
他社で取り付けた車両も、何台か見たことがありますが、たいがいこの動作のタイプです。

この動作のタイプだと、純正のオート切替えモードが無く、リモコンがサイレントモードの時、高回転でも閉じたままで、気が悪いですね


弊社では、汎用の切り替えリモコンユニットに、ひと工夫して、リレーをかまし、低回転からオープンモードと、純正と同じオート切替えモードになるよう、配線を考えました。









CIMG1011.jpg

後付リモコンで、オートモードにした時、マニュアル1速固定で、タコメーターを睨みながら、スタートして、高回転で、マフラーの音が切り替わった事を間違えなく確認して、動作テストOK





CIMG1022.jpg

室内も、ハードな印象

この車両はスペチアーレとしては珍しく、マットや内貼りが付いています。
オプションだそうです。






CIMG1012.jpg

黒い専用ホィールも、タイヤサイズの割に、びっくりするくらい軽いです。

カーボンブレーキローターや各部のカーボン化による、軽量化にコストがかかっています。



スペチアーレ専用の、ボンネットの大きなアウトレットダクトは、F50のデザインモチーフでしょうか?










CIMG1016.jpg

通常の458は、センター3本出しマフラーでしたが、
スペチアーレは、より空力効果、ディフェーザーデザインを効率良くする為、マフラー出口の位置を変えたようです。


当ブログ、‘15.6.24.
http://inazumi1723.blog.fc2.com/blog-entry-243.html
「458スペチアーレ」
にも、掲載しましたが、

スペチアーレーは、このディフェーザーの可変フラップが特徴的です。
コーナー等では路面に吸い付きグリップを増す為、ディフェーザー効果を最大限に活用しますが、
高速時には、このディフェーザー効果が、逆に抵抗となる為、赤いフラップが下がり、ディフェーザー効果を弱くするようです。

同時のフロントナンバー下の、シルバーのフラップも、閉じたり開いたりして、空力を変えているようです。
CIMG0666.jpg

先日作業した、599
写真は、アライメントサービス時ですが、

この599にも、純正マフラーで、後付リモコンにて、切り替えバルブを操作するようにしました。


フロントV12エンジンの599、どうしてもミッドシップV8よりおとなしい印象(特に日本では)、
でも、この切り替えバルブにて、意外と迫力なV12マフラー音が楽しめます。


最近のダウンサイジングにて、排気量を落とし、ターボを付ける風潮、
ターボ車は、ターボで音が吸収されるので、こもり音になる印象です。
現行のF1マシンのターボエンジンの音には、がっかりですね
やはり、NAの方が、いい音がでますね
スポンサーサイト

category: フェラーリ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/358-f62a98ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック