FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

C63 エンジン本体修理  

CIMG1070.jpg
C63AMG
ダウンサイジングご時勢なので、排気量ダウン+過給機が流行していますが、AMGも例外ではありません。

そんな中、通常AMGモデルは、標準のメルセデスのエンジンをチューニングしてパワーアップする手法ですが、
このM156エンジンは、NAで6.2リッター大排気量エンジン、
最初で(たぶん)最後の、エンジンブロックまで、AMGモデル専用エンジンになり、
今後未来まで、名機となりうるエンジンではないかと思います。

今回の症状は、アイドリングでエンジンをかけている時、突然白い煙がマフラーから出て、エンジンストップ!したらしい、
トラック積車で引き取りに行き、入庫時には、もうエンジンがかからない状態で、
なおかつ、セルモーターも回らない状態でした。

オイルレベルゲージやオイルフィラーキャップの中を見ると、エンジンオイルはカフェオレ状態!
クーラントが混入している ようだが、なぜ、セルモーターが回らないのか?
クランクプーリーを長い工具で回しても回らず、ロックしているようでした…

焼けているのか?エンジン本体アウトか?

全プラグを取り外して、セルを回すと、プラグホールより勢い良く、カフェオレが飛び出してきます。
シリンダーの中に液体が満タンに充満して、圧縮出来ず、クランクが回らなかったようでした。
一歩間違えれば、最悪、ウォーターロックを起こして、コンロッドが曲がってしまうところでした。

全シリンダーの中のカフェオレを、綺麗に吸出し、プラグを取り付け、
再度セルを回すと、マフラーからモクモク煙幕をあげて、エンジン始動!
長くかけれませんが、エンジンの音・調子も悪くない様です。

↑今回は、工場の天井クレーンにて、エンジン本体を取り外します。











CIMG1071.jpg
↑エンジンが降りました。

エンジン向かって左が前方、右が後ろミッションが取り付きます。
V8エンジンなので、片バンク4気筒づつ
ダイレクトイグニッションコイルが4つ並んでいますね。

ヘッドカバーを見ると、一番前のイグニッションコイルより前のスペース、通常タイミングチェーンのスペースが大きく見えます?




CIMG1091.jpg

インマニAssyその他を取り外しました、V8の美しいエンジン本体の形が見えてきました。

インマニの中に、例のカフェオレが溜まっています。
クランキングした時に、インテークバルブより逆流したと思います。



63Eg.jpg

↑ヘッドカバーが外れました。
最近は、BMWのようにバルブトロニックが付いていたり、VWのようにヘッドが2層構造だったりして、カムキャップ(カム軸受止め)がヘッドカバーと一体だったり、複雑な造りのヘッドがあるのですが、このM156エンジンは、IN・EXカム先端にカムアジャスターはあるものの、比較的オーソゾックスな造りですね。






CIMG1113.jpg

↑恐らくヘッドガスケットが抜けて、水とオイルが混ざり、シリンダーの中に侵入している為、
左右のヘッドを取り外す為の準備を進めます。




CIMG1115.jpg

↑最初に疑問だった、ヘッドカバー前方のスペースの理由は、クランクとカムスプロケットの間を、一度チェーンからギヤに変換して伝達しているからでした。




63Eg2.jpg

↑左バンクの、ヘッドが外れました。
さすが、6200ccでV8、ピストンが大きいですね。



63Eg3.jpg





CIMG1170.jpg
↑外れた、ヘッドボルト!
今回、ヘッドガスケットが抜けた原因は、これです!

ヘッドボルトの頭が2本、折れていました。

他にも、数本緩んでいました。

これが原因で、ヘッドガスケットが抜けたと思われます。
錆びているようにも見えます。
恐らく、材質の問題で、オーバーヒートではないでしょう。



CIMG1149.jpg


エンジンブロック内、シリンダーの周りは、ウォータージャケットと言って、冷却水に包まれています、
写真ではわかりにくいのですが、このエンジンブロックをよく見ると、ヘッドボルトがウォータージャケットに浸かっています
通常のエンジンは、ヘッドボルトのヘッドガスケット面とメスネジ山の間には、このような空間はないと思います。

だから、錆びたのでしょうか?
気休めかもしれませんが、予防策としては、クーラントを濃いめにした方がいいかも?



CIMG1152.jpg







CIMG1210.jpg
↑ヘッドの面研も仕上がってきたし、組み上げていきます。
スポンサーサイト

category: ベンツ Cクラス

tb: 0   cm: 2

コメント

M156 48,000キロでエンジン異音、振動、変な匂い

初めまして。
2018年10月30日朝、出かける為エンジンをかけたところ今まで経験したことのない異音と振動が有り、一度エンジンを止めてから数分してまたかけてみました。
やはり同じような異音で明らかに何処かのシリンダーで爆発してないと思われる音がしました。
その日は諦めて他のクルマを使いましたが、ヤナセに電話して担当に聞くと保険使って積載車で持ってこれないかとの事で、11月1日にヤナセに入院しました。
次の日の午後に担当より電話があり、片側だけ爆発しないとの事。修理代も40〜50諭吉かかるかもしれないけどどうしますか?との事で、11月4日現在忙しくてまだ返事をしてません。絶対直したいと思っていますが、こちらのブログを読んでみると多分同じなのかなと思ってコメントさせていただきました。
その後、このブログのエンジンは直ったのでしょうか。
w204 後期型 AMG C63パフォーマンスパッケージで6年の付き合いがあり一生乗るつもりでしたが、仮にエンジンダメですなんて言われたらどうしようかと不安です。

ど〜うん #- | URL
2018/11/04 06:01 | edit

ど~うん様、メールでのお問い合わせありがとうございます。

早速ですが、ご回答申し上げます。
M156エンジンは、最初で最後のAMG専用エンジンで、名機です、
僕も好きな乗り味ですが、
http://inazumi1723.blog.fc2.com/blog-entry-420.html
↑以前にも、紹介したように、エンジン本体の故障率は高いかもです

大きな異音と振動、ヤナセで、40~50万円かかるという事ですが、
仮に、ヘッドガスケット抜けだったとしたら、弊社でも30~40万円かかると思います。
まずは、ヘッド抜けが原因ではない可能性があるので、ヤナセの見積りの内容を確認してください

ピットクルー稲積 #- | URL
2018/11/05 09:34 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/361-7b8d4a8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック