ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

シボレー エクスプレス  アライメント調整  

CIMG1102.jpg

シボレー エクスプレス
いわゆる、アメ車のフルサイズバンです。

今回の修理内容は、走行時、左流れの矯正です。

今までの経験だと、だいたいこの種のアメ車は、左流れだと思います。
それは、そもそも、右側通行と左側通行の違いがあり、日本では左側通行であって、左側に水勾配がつけられています。

輸入車の場合、日本仕様で製造された車、または、輸入してから日本仕様に調整される車があると思いますが、
この種のアメ車は、日本仕様になっていないので、左に流れやすいのではないかと思います。




シェビー
↑写真は、左フロント足周り部、
ダブルウッシュボンサスペンションです、
ハシゴ型のラダーフレームが見えます

左流れの矯正には、いろいろな要素がありますが、フロントのキャンバー調整が必要になります。
(もちろん、簡易的なサイドスリップテスターを使用した、トーの調整だけでは、左流れの調整は出来ません)







シェビー2
↑左フロントアッパーアーム取り付け部のアップ
アッパーアームの取り付けボルトのワッシャをよく見ると、偏心カムに見えますね。

フロントのキャンバー調整をするには、このアッパーアーム取り付けボルトの偏心カムを動かして、
アッパーアームを外内に出し入れして、調整できるようです。









しかし、実際には、力いっぱいキャンバー取付ボルトを回しても動きません。
シェビー3
↑アッパーアームを取り外したところ。

アッパーアーム取り付けボルト部、長穴になっている箇所とそうでない箇所があります。
つまり、偏心カムボルトが動かない状態、

ようするに、今回の現車は、新車から封印されたキャンバー調整穴のままなので、
恐らく、新車から一度もアライメント調整をされていない車両だと思います。











シェビー4

↑封印された取り付けボルト穴を、長穴に加工した状態のアップです

長穴加工をしました。

これで、純正の偏心カム式キャンバー取り付けボルトを回して、調整出来るようになりました。








シェビー5

通常アライメント調整は、入庫後、まず試運転をしてから、作業前の状況を見て、
それから、4輪ホィールアライメント測定・調整をします。

↑右フロントサスペンション部も同じように、長穴加工して、
最初にアライメントを調整したデーターを元に、
↑写真のブレーキローターに取付けた、キャンバーゲージを見ながら、
動かしたい目標数字分を、調整します。







CIMG1169.jpg
そして、もう一度試運転をして、左流れが改善されたか確認してから、

↑4輪ホィールアライメントを測定調整します。
 
今回の現車は、上記作業の繰り返しで、アライメント測定調整を合計4回とりました。

アライメントは、毎回、一台一台勉強になるのですが、今回の一台も、いろいろ勉強になった一台でした。
スポンサーサイト

category: 4輪アライメントサービス

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/365-f0a72571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック