FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

M5(F10)、エンジン異音  

CIMG1501.jpg
BMW M5(F10)
4.4リッター V8直噴Mツインパワーターボ 560PS
セダンスタイルですが、なぜか只者ならぬオーラがあります、M5ですが、

今回の入庫は、エンジンから「バッバッバッ」かなり大きな音がしています。
かなり派手な音なので、エンジン本体がやばいのかなぁと思ってしまいそうです。

ボンネットを開いて聞くと、エンジン本体上部中央付近から響いてきます。









CIMG1499.jpg
今流行の、バンクインターボ!
今まで、通常V8エンジンの場合、エンジンの外側にターボがあるのですが、
最近のハイパフォーマンスマシンは、レスポンスの向上から、バンク内にレイアウトされています。

BMWだけではなく、アウディや、AMGでは、AMG GTとC63に採用され、
ドイツの御三家の最新現行モデルのテクノロジーですね

恐らく、このレイアウトだと、ターボを回す排気の究極に距離が短く、レスポンスが良くなるのこと、想像できます、
吸気も、水冷インタークーラーを採用して、取り回しをなるべく短くしているようです。

ただ、今までの常識で考えると、熱的にどうなのでしょうか?
熱くなる、ターボをVバンク内に納めるレイアウト、
さらに、この車両の場合、熱くなる触媒の上に、コンピューターをレイアウトしています?





M5.jpg

簡単なエンジンカバーを外しました。
2つのバンクインターボが見えます、その後方には大きな二つの触媒が見えます。

エンジンルーム両サイド(左右ヘッドライト後方)に見える、左右のエアクリーナーボックスからターボへ吸入された空気は、
ターボチャージャーにて過給(圧縮)され、エンジン前方の大きな水冷式インタークーラーを通り、
エンジンの両バンク外側のインテークよりシリンダーへ吸気されます。

ターボの前から入っている4本のパイプは、ウォーターポンプから圧送されている、エンジン冷却水のラインで、
ターボのシャフト部を冷却しています。





問題のエンジン異音ですが、写真の状態から、更に触媒上の遮熱版を外した状態で、エンジンをかけましたが、
ターボの奥付近より聞こえる気がしますが、ピンポイントで特定できません。
これ以上バラすと、エンジンかけてのテストは不可能ですが、
エキマニ近辺からの排気音ではないか?
最悪、エキマニが割れているかも?と思い、
ピンポイントで確認するために、分解を進めることにしました。






CIMG1493.jpg

大きなターボチャージャーが2つ見えます。
このアングルを、かっこいいと思ってしまうのは、変態でしょうか?

カタツムリ型のターボは、真中から吸い込み、過給され、外側から出て、インタークーラーへ





M501.jpg

横からのアングル、
ターボチャージャーの、インテーク側とエキゾースト側がよくわかります。
ターボのシャフト部には、エンジンオイルと冷却水が供給され、潤滑と冷却がされています。
エキゾースト側から出た排気は、大きな触媒へ入り、エンジン後方、ミッション両サイドから降ろされます。




CIMG1488.jpg

↑このアングルが、今回のブログのメインアングルです

M5専用の、複雑なエキマニのレイアウトが見えます。

M5の凄いところは、通常V8でバンク内に2つターボがある場合、片バンクで一つのターボが付くのが普通ですが、
このM5の場合、専用で、Vバンク内のエキゾーストはクロスされ、独特のクロスバンクエキゾーストシステムになっています。
エンジンには、点火順序がありますが、
これは、各シリンダーの、各排気がぶつかることがなく、
レスポンス・効率よく、ターボへ導くシステムです。

さらに、ツインスクロールターボの形状もわかりやすく見えます。

ツインスクロールターボとは、ターボの排気の導入口が2つあり、シリンダーから排気の干渉を防ぐものなので、BMWでは直6エンジン等の、ターボ1基のエンジンでもツインスクロールターボと呼ぶことがある。
ちなみに、ツインパワーエンジンとは、「直噴」や「バルブトロニック」等、ふたつのテクノロジーを組み合わせたエンジンという意味。




M502.jpg

外された、美しいターボチャージャー

大きなウエストゲートバルブがみえます。
ターボ下から出ている、蛇腹のパイプは、エンジンオイルの排出側




M503.jpg

ターボとエキマニが外された、エンジンVバンク内、
やはり、Vバンク内が吸気ではなく排気なのは、違和感がありますね。

Vバンク内の2つの小さな穴は、前出の蛇腹のパイプの排出口





CIMG1482.jpg

これが、今回の大きなエンジン異音の原因です

左バンク一番前方の、エキゾーストマニホールドのガスケットが、抜けています。

やはり、熱的に条件が厳しかったのでしょうか?
もしくは、排圧が大きいのでしょうか?


CIMG1489.jpg
↑写真では見にくいのですが、
通常通り、シリンダー上部中央にスパークプラグが配置されているのですが、
筒内直噴インジェクターもその隣の理想的な位置に配置されています
スポンサーサイト

category: BMW

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/369-cece6c20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック