FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

フェラーリ 488 ローダウン  

CIMG1769.jpg

フェラーリ 488
フェラーリの現行V8ミッドシップ

↑写真は、新車納車直後の写真撮影(ローダウン施工前)

相変わらず、フェラーリは、最新モデルでも、↑写真のように車高が高く腰高感があります。
なんと後ろのフェンダーの隙間は指が4本スカスカに入ります。

近年、一昔前と違い、ランボルギーニーやポルシェ、AMG等では、新車の状態でフェンダーの隙間も少なく、
側面の出しろは、日本の保安基準に合わせ、はみ出しタイヤ対策で、日本専用仕様で薄いオーバーフェンダーや小さな泥除けのようなものが付いているくらいです。

フェラーリはメーカーの方針なのか、様々な国や環境、使い方等でボディとの接触のリスクの対策か、車高が高めですね
ですが、純正のダンパーが車高調整付きです
購入してから、好みに合わせるという考え方なのかもしれません。




CIMG1770.jpg
↑ローダウン前
純正のリフティング機能で車高をアップした状態
フロントが4cm程度上がるようです。




CIMG1774.jpg
↑ローダウン施工後
純正ダンパーの車高調整の範囲で、ローダウンしました。

ローダウンの作業中の写真は取り忘れましたが、足回りは458とほぼ共通ですね
アンダーフロアとブレーキは、バージョンアップされています。

↑この車高の状態で、フロントは純正車高調整範囲でMAXロー位置です
それに合わせリヤも設定しました。

やはりスーパーカーは低いほうが、断然かっこいいですね





CIMG1761.jpg
↑新車納車直後、施工前の状態






CIMG1775.jpg
↑ローダウン&リヤホィールスペーサー装着の状態






CIMG1776.jpg
↑ローダウン&リヤホィールスペーサー装着の状態
ローダウン後は、キャンバーやトーが変化し、許容範囲を超える事もあるのでで、
4輪ホィールアライメント測定・調整する事をお勧めします。

写真ではわかりずらいかもしれませんが、実車を見ると、ガラッと変わって見えますよ

ピットクルーの定番プチカスタムです。
スポンサーサイト

category: フェラーリ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/378-eef7785a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック