ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

S600 V12 エンジン脱着 オイル漏れ修理  

S600(W221)、V12、5500ccエンジン

V12エンジンは、最高級ラグジュラリーセダンから最新スポーツカーまで、搭載され、
どのメーカーも、V12エンジンは別格扱いされコストがかけられています。

ベンツでも、V12エンジンは、ほぼ同じ外観で車両価格がかなり高くなる為、現在受注生産扱いされ数が少なく貴重です。


CIMG1881.jpg
今回のS600の入庫は、オイル漏れ修理のご依頼でした。

オーナー様は、今回、初めてのお付き合いで、入庫された時、即リフトアップしてアンダーカバー等を取り外し、一緒に車体の下を点検確認しました。

オイル漏れ箇所は、定番のエンジンのリヤクランクシールと5速ATミッションのハーネスカップラー部、それから、エンジンオイルパンの上層とブロックの間よりの、オイル漏れでした。

オーナー様と一緒に、車体の下のオイル漏れ箇所を確認してから、
事務所で、修理方法と、修理工数(時間)と部品代を調べて、概算の見積もりをお伝えしました。


また、オーナー様は、徐々に症状が悪化しているので、気づかれていませんでしたが、
ABC(アクティブボディコントロール)ポンプからの、独特のうなり音と振動があったので、追加で、ABCダンパーを交換をお勧めしました。
これで、V12本来の静かで振動が少な、シルキーなフィーリングがよみがえります。



修理方法については、当初の見積もり時は、マニュアル通り、ミッションを降ろしてリヤクランクシールの交換と、フロントサブフレームを降ろしてオイルパン上層を降ろしてシールの交換をする予定でしたが、
今回、着工時に、ミッション降ろす作業があり、エンジン単体で降ろした方が早くて簡単という結論が出て、
↑の写真のように、エンジンを降ろすことにしました。





CIMG1888.jpg

↑マフラーとドライブシャフトを取り外し、ミッションを降ろしてから、V12エンジンを降ろしました。




CIMG1891.jpg

↑今回は、工場の天井チェーンブロックにて、釣り上げました

弊社は、同じ業者様からの修理が多いからか、一年通じて、エンジン脱着やミッション脱着修理が多いですね。





CIMG1895.jpg

↑、これが問題のオイルパンです。
ベンツは昔から、オイルパンを上層と下層の2段式にしていて、下層と上層の間のシールのオイル漏れは多いのですが、
今回は上層のオイルパンとエンジンブロックの間よりオイル漏れしていました。






CIMG1884.jpg
↑これは、定番のエンジンクランクシャフトのリヤシールの交換、
写真、左下に見えるのが、クランクリヤシールカバー
この、クランクリヤシールカバーにクランクシャフトリヤシールが取り付きます。

リヤシールの部品代は安価ですが、これを交換する為に、ミッションの脱着が必要です。
実は、クランクリヤシールのオイル漏れより、クランクリヤシールとエンジンブロックの間の液体パッキンからの漏れの方が多いです。





CIMG1892.jpg
↑エンジンの左右にあるターボです。
よく見ると、ターボの上下には、2本ずつのパイプが取り付いています。
ターボのシャフトの、潤滑用のエンジンオイルパイプと冷却用のクーラントパイプです。

なぜか、このクーラントパイプの継ぎ目は、ゴムのОリングです
こんな高温になる箇所なのに?

今後、このОリングからクーラント漏れがある場合は、
この数百円のОリングを交換する為に、エンジンを降ろさないと交換できません。

今回エンジンを降ろしたついでに、少し漏れた形跡もあったので、追加で、このОリングを交換させていただきました。






ちなみに、左右にかけているスタンドは、エンジンマウントを外して、エンジンマウントのブラケットにかけています。
このエンジンマウントは、先代のW220後期のV12ツインターボエンジンの初期モデルは、エンジンマウントの上の取り付けボルトは、ブラケットの上からボルトが留めてあり、エンジンを降ろして出ないと緩めませんでしたが、
途中から、ブラケットとマウントの間にプレートを取り付け、下からボルトが留まり、エンジンを降ろさなくても交換できるようになりました。

↓追記











追記
CIMG1844.jpg
S600のエンジンを降ろす車両の前の週に納めた、SL600です。

SL600のV12ツインターボエンジンを降ろしています。

これは、エンジンマウントを交換する為に、エンジンを降ろしました。
スポンサーサイト

category: ベンツ S、CLクラス

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/386-2125517e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック