FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

アジア製タイヤの弊害  

CIMG2015.jpg
当ブログでも何度か記事しましたが、
アジア製タイヤの品質がかなり悪いです。

アジア製タイヤとは、日本製以外のアジア製のことです

今回の症状は、80km/h以上で、大きな振動
当初は、ホィールバランスと思い、ひとつづつ点検、ホィールバランスを取りました、

↑写真は、左リヤタイヤのものです
こぶのようにふくらみ変形しています
写真をよく見ればわかりますが、タイヤの山は新品に近く充分あります。
タイヤ交換後、数か月数千キロです
しかも、タイヤの内側なので、外からはわかりにくい位置です



フロント245/30-22  リヤ295/25-22 サイズ設定、
22インチで、かなり薄い超扁平タイヤなので、
このサイズになると、タイヤの価格も高価になり、アジア製タイヤだと半額以下になるのもわかりますが、
かなり危険なレベルだと思います。






CIMG2017.jpg

アジア製タイヤも、一時、数年前は品質もましな時期もあった気もしますが、最近は悪いイメージがあります。
交換後、かなりノイズが大きくなったり、数か月数千キロで、こぶが出るような変形、ひび割れが発生したりすることが多いと思います。
バーストした例もあります。

軽四やコンパクトカーのような、タイヤサイズがナロー(幅が狭く扁平ではない)で、車重が軽く、ローパワーの車では、支障なくても、
幅が広く超扁平なタイヤサイズやハイパワーの車両では、条件が悪いと思います。







スポンサーサイト

category: ブログ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/388-3db86aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック