ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

カリフォルニア カスタム 足周り異音  

フェラーリ カリフォルニア!
中古車でご購入されてから、当ブログをご覧になり、当初ブレーキランプの位置の変更化のご用命から、
2015/10/15 掲載
http://inazumi1723.blog.fc2.com/blog-entry-265.html

今回、ローダウンとホィールスペーサー、4輪ホィールアライメント、 マフラー交換 のご依頼をいただきました。
それと、足周りの異音のご依頼をされました。

CIMG1856.jpg
当初、入庫された時に、お客様と一緒に試運転、
試運転中、ギャップにて「ゴンゴンコトコト」という異音が確認出来ました。
お客様は、もっと激しい衝撃で「ガッン」ときますとのこと。

早速、リフトアップして、各部点検と増し締め、これといった原因も発見出来ず…

いつものように純正ダンパー車高調にて、ローダウンしました。
この車両は、後付けにて、前後ロベルタ社製のリフティングキットが取り付けられていました。
前だけロベルタが付いてる事は多いのですが、前後は珍しいと思います。
元々、中古車でご購入時に、純正より低めの車高だったのですが、
前後リフティングにて車高が上げられるので、さらに、なるべく低くというご要望でした。

そして、試運転…
ギャップで、「ドン」と衝撃が、低速時でも確認出来ました。高速時だとさらに強烈な衝撃だと思います。

これが、かなり、厄介でした…



CIMG2028.jpg
下げ過ぎにしては、カリフォルニアで、この程度のローダウンは、過去にも何台か施工していますが問題なしです、

ひょっとして、バンプラバーが底突きしているのかと思い、常套手段でバンプラバーを1/3に切りました。
そして、車高を若干上げて、組み上げて、
再度試運転、「ゴン」という異音の数は多少少なくなりましたが、
2人乗りになると、異音の数が多くなり、根本的に一緒でした。




CIMG1854.jpg
リヤダンパーを分解しているところ。
後付けロベルタキットはこのようなレイアウト
ロベルタを作動させていない時は、エアが入っておらず、基本的にリジット状態のようです。

バンプラバーが底突きしているのか?それともショックの中でピストンが底突きしているのか?
悩みます…

ここまで、何回かリヤショックを取り外したり、純正のスプリングと並べて比較したり、いろいろ悩みました…





CIMG2064.jpg
↑は、右リヤタイヤ付近、
着地して車重がかかっている状態(1G)
ん!  




CIMG2062.jpg
↑さらに、アップ
スプリングの隙間が少ないような…
よく見ると、スプリング同士が接触した跡があり、さらに錆びています。

今までは、リフトアップして、足周りを各部点検・増し締めしたり、いろいろ見ていましたが、
リフトアップして見ていたので、ダンパーが伸びきったフルストローク状態(0G)だったので、気づきませんでした。

スプリング同士が接触するなんて、今まで経験が無く、想定外でした。
ギャップで沈んだ時、スプリング間接触で、ドン突きしていたようです。


これまでの経緯で、ロベルタ社に何度か電話で問い合わせして、相談していました。
スプリング線間接触の件を相談し、
一度、前後のショックと現在のスプリングを、ロベルタ社に送付したら、点検してくれるという事で、お願いしました。


CIMG2331.jpg
↑スプリング交換後です。

ロベルタ社が送付してくれた、ロベルタ社のカリフォルニア用の前後スプリングセットです。
スプリングにロベルタの刻印があります。
症状が直りました。
中古車購入から悩んでストレスだった、異音が解決できて良かったです。

中古車で購入前の今までの履歴の中で、前後ロベルタキットに交換の後、スプリングだけ粗悪品に交換されていたようです。

今までも、何度かロベルタ社に電話し、問い合わせ、相談した事がありましたが、
その都度、ロベルタ社は、大変親切でご配慮していただき、すばらしいご対応をしてくれます。
以前、中古車で購入したガヤルドの、10年前のロベルタキットの不具合の際も、ロベルタキットに記載されているナンバーにて、
メンテナンスの履歴が管理されていて、迅速で親切な、ご対応していただいた事があります。
今回も、ロベルタ社の対応に感謝です。



CIMG1873.jpg







CIMG2330.jpg
今回、マフラーは、お客様の好みで、クライジークを選択されました。
切り替えバルブが、閉じてる時は一番静かで、開いている時は一番大きな音の仕様で、オーダーし製作していただきました。

クライスジークのマフラーで、カリフォルニア用は、マフラーの出口は、純正のノーマルを流用します。






CIMG2327.jpg
お客様のご要望で、マフラーの出口を、パワークラフトのようにしてほしいとの事でした。

お客様と打ち合わせの結果、お客様が探して選択された、汎用のマフラーカッターを4本、持ち込みで取り付けさせていただく事になりました。

↑作業中、フェンダーに貼ってある、赤色のカリフォルニアの写真は、以前に弊社で取り付けたパワークラフトの写真です。







↓完成写真です。
CIMG2333.jpg
クライスジークマフラーに、オリジナルでマフラーカッターを取り付けました。

前後、458用のホィールを、スクーデリア用のガンメタに塗装して、取り付けました。
前後ホィールスペーサーにて、ホィールの出代も、バッチリ決まっています。





CIMG2332.jpg
車高は、当初のご要望通り、なるべく低い仕様にしました。
前後リフティング付きなので、安心ですね。
スポンサーサイト

category: フェラーリ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/396-806b8d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック