FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

ベンツ 7速ATミッション修理  

メルセデス・ベンツの、現行主力ミッションである、7速電子制御オートマチックミッション(722.9)です。

今回の症状は、「走行中一時的に、吹け上がり(滑り)、加速不良になった。」
よくある症状です。

入庫後、試運転、症状確認できず
テスター診断、ミッション各部点検
タービン回転数センサー(n1)不良 故障メモリーあり

やはり、症状を聞いた時の予測通り、回転数センサーの不良でした。



CIMG2455.jpg
ミッションオイルを抜いでから、オイルパンを取り外し、
バルブボディを取り外しました。

↑上の写真、向かって左がバルブボディ、その上がソレノイドバルブ、向かって右がミッションコントロールコンポーネントです。

今回の問題は、写真向かって右のミッションコントロールコンポーネント(通称基盤)

写真で、ミッションコントロールコンポーネントの向かって左が車両前方になります。
ミッションコントロールコンポーネントの前方(左)に、四角く囲ったように見えるところがあります。
この部分は、ミッションコントロールユニットです。
ミッションのコンピューターは、熱いオイルの中に浸かっているのです。

ミッションコントロールコンポーネントは、ミッションコンピューター(VGS)+エレクトロニックプレートになります。

エレクトロニックプレートの中央に、白く丸い物体は浮き、レベルセンサーです。
その前に、ボタン型の黒く丸い部分が2個、今回問題の回転数センサー
そして、一番後ろにもう一つ回転数センサーがあるので、合計3個の回転数センサーが付いています。






CIMG2451.jpg

↑ミッションコントロールコンポーネントを裏返したところ

写真向かって右が前方、
四角く銀色の部分が、ミッションコンピューター
その後ろの丸い部分が、回転数センサー(インプットプットシャフトとアウトプットシャフトの回転数)
そして、一番後ろにも、丸い回転数センサーが付いていて、合計3個回転数センサーが付いています。

ミッションコントールコンポーネントの部品定価は66300円
今回は回転数センサーが不良なので、通常ミッションコントロールコンポーネントAssy交換になります

しかし、最近、ミッションコントロールコンポーネントは、セキュリティパーツ指定になり、外販不可、
今までのように部品商からの供給が一切なく、
また、ヤナセからも部品のみでの販売が不可能で、ヤナセでの作業が前提条件でのみ、購入可能になりました。

ちなみに、ヤナセで作業してもらうとしたら、約18万円から28万円になります。
18と28の違いは、基盤のみの交換か?バルブボディAssyでの交換が必要か?です。
現車についている、バルブボディの現品番号を確認して、
基盤のみの交換か?バルブボディAssy交換か?判断してもらいます。
年式の古い車両は、バルブボディAssyで交換指定になっている場合が多いです。






CIMG2454.jpg
↑銀色の四角い部分は、ミッションコントロールユニット
その後ろに、今回問題の回転数センサー、3極のプリント基板が見えます

今回、ミッションコントロールコンポーネントが一般部品供給不可能部品になった事もあり、また、コストダウンの為、
初めて、この回転数センサーのみ単品交換にチャレンジしてみました。

チャレンジする際に、弊社の倉庫にある、バルブボディの中古を分解して、取替の練習をしました。





CIMG2453.jpg
↑回転数センサー単品
最後部の回転数センサー以外だったら、単品交換できます。

一時的に、ミッションが滑ったことがある(エンジン回転数が吹き上がる)という症状で、
故障メモリーが回転数センサーの場合、前の2つの回転数センサーのどちらかがメモリーされている事が多いです。

この現物修理の方法で、ミッションオイルやオイルエレメントも含めて、全部で約10万円です。


また、同じような症状でも、故障メモリーを確認して、前記と違う場合は、やはり、ミッションコントロールコンポーネントAssyまたは
バルブボディAssyを交換しなければならない場合もあります。
スポンサーサイト

category: ベンツ S、CLクラス

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/398-c97008c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック