ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

211 リヤサブフレーム  

Eクラス(W211)
右リヤの車高が下がって、走行中異音で、入庫です。
エアサスでもないのに、車高が下がるとはおかしな症状です。

入庫時、確かに右リヤが下がり、タイヤがハの字に食い込んでいます?
走行すると、確かに大きな異音が…










CIMG2844.jpg
早速リフトアップ

あれ…




何やら違和感が…


真後ろから見ると、リヤのサブフレームが斜めに見えます…










CIMG2841.jpg
左後ろサスペンション付近

↑写真の、左リヤマフラー管の向こう
アルミのリヤサブフレームとボディ間に隙間が空いています

リヤサブフレームとは、サブフレームに、デフや左右のサスペンションアームが取り付けられ、ボディに取り付けてあります。

左右のロアアームとボディ間にスプリングがあります。

今回は、その、リヤサブフレームの左の取り付けボルトが折れています

そして、ロアアームとボディ間はスプリングで突っ張っているので、隙間が空いています
右リヤの車高が下がって見えましたが、左リヤの車高が上がっていたのですね




CIMG2842.jpg

↑写真、右リヤホィール、ブレーキキャリパー奥に見えるのは、ボディとサブフレームの隙間

今回は、なんと、リヤサブフレーム右の取り付けボルトの前も折れています
リヤサブフレームの取り付けは、前後左右4カ所で、真下よりボディに取り付いてますが、
今回は、右の前後2本が折損していました。






211.jpg
ちなみに、弊社では、このW211のリヤサブフレームのボルト折れ、初めてではありません

折れたボルトは、モノコックボディの目ネジのネジ山に残っています

これを、取り出すのは、至難の技で…
いくつものドリルを使い、ひたすら地道に、ほじくり出します
ちなみに、今回は、1本ほじくるのに8時間

作業時間は、合計で3日間
折れたボルトを見つけた時点で、作業時間は想像できましたが、
かかった時間通り、工賃をいただくと膨大な金額になります

そんなお金をいただくのも気を使いますので…
割の悪い仕事です

よく入庫していただいている、お得意様なので、特別価格でさせていただきました

この作業だけの初めてのお客様の場合だと、作業時間通り、工賃をご請求したかもしれませんね





CIMG2886.jpg
左リヤの折れた取り付けボルトの、発掘作業中


オリジナルの目ネジを生かして、ほじくれませんので、

ナット掛けで留めることになります

折れた純正のボルトを持つて、専門のネジ屋さんに行くと、ボルトの頭の数字を見て、同じ強度のボルトを出してくれます
自動車の足廻りのボルトは、強度の強いボルトを使っているので、ホームセンターではダメですよ
スポンサーサイト

category: ベンツ E、CLSクラス

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/419-c841af59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック