FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

アウディ R8 クーラーが効かない エアコンコンプレッサー交換  

アウディ R8
クーラーが効かない 修理

一昔前のクーラーコンプレッサーは、ベルト駆動されているプーリー部にマグネットクラッチがあり、ここのON/OFFで「カチッ」と音がして、コンプレッサーがON/OFFしていました。

最近の欧州車では、プーリー部にクラッチが無く、コンプレッサー内部に、無段階の切り替えバルブがあり、要求圧力に応じて作用するようになっています。
この、コンプレッサー内部の無段階バルブがくせもので、固着して、圧縮しなくなります。

ベンツ等でも、10年以上前よりこのタイプのコンプレッサーで、時々全くクーラーが効かなくなるとか、たまにクーラーの効きが悪くなるという症状で、弊社でも、毎年夏場は、かなりの台数、エアコンコンプレッサー本体交換を、こなしています。

欧州車で、エアコンコンプレッサー交換は、定番の故障ですね




R8-1.jpg

今回は、アウディR8
クーラーが全く効かない
診断すると、やはりエアコンコンプレッサー本体不良!

ちなみに、コンプレッサー内部の切り替えバルブ不良は、機械的故障なので、故障メモリーには入りません。
テスターで、圧縮圧力等実測値の点検にて、判断します。





CIMG3243.jpg

前記したように、最近の欧州車は、エアコンコンプレッサー本体交換は定番故障ですが、
アウディR8は、エンジンを脱着しなければ、エアコンコンプレッサーの交換が出来ません。


↑ちなみに、エンジンが、ボディセンターより左にずれていますね、
これは、エンジンの右下に、フロントドライブ用のシャフトが通っているからです




CIMG3258.jpg

↑エンジンを降ろしました




CIMG3257.jpg

↑美しいオブジェのようです
特に、エキゾーストマニホールドの形状が、機能美を感じます

向かって左がフロント方向、V10エンジンです



CIMG3256.jpg

エンジン右側面には、オルタネーター
R8は、オルタネーターのみがベルト駆動で、
エアコンコンプレッサーやウォーターポンプは、シャフトドライブです




CIMG3259.jpg





CIMG3260.jpg

↑この奥に、エアコンコンプレッサーがレイアウトされています。




CIMG3262.jpg

↑右バンクエキマニ等を取外して、ようやく、エアコンコンプレッサーが外れました

やはり、エンジンを降ろさなければ、コンプレッサーの交換は不可能です




CIMG3264.jpg
スポンサーサイト

category: アウディ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/427-f48c6de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック