FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

マセララティ クワトロポルテ セミAT修理  

55901444220__AEE38C50-4933-452E-8794-A388F5EE0FCE.jpg
マセラティ クワトロポルテ

クワトロポルテ(4枚ドア)、フェラーリ製4.2リッターV8エンジン

`04デビューで、当初 6速セミAT(マセラティ風に言うと「ディオセレクト」
`07からは、オーソドックスなトルコン式6AT

最近は、セミAT式のミッションが少なくなりましたが、今改めて乗ると、セミATのスポーティなダイレクト感も、楽しく魅力的です

今回は、クラッチ交換のご依頼です。






55901445250__056F8EA3-B625-4E61-9831-788A81D98583.jpg
当ブログでも、何度かご紹介していますが、
フロントから、エンジン・クラッチケース・トルクチューブ・ミッションの、レイアウト


↑は、クラッチケースとトルクチューブ
クラッチケースの中に、レリーズベアリングが見えます。






55901446678__E1124656-0288-4CAE-8F73-D0B3F612A1C4.jpg
リヤアクスル側に、ミッション
リヤサブフレーム内に取り付いています。

適正な重量配分にする為、こんなレイアウトに…
ちなみに、
セミAT仕様の、エンジンはドライサンプ、ミッションは軽いですが、黒いトルクチューブは異常に重く、 
前後重量配分は、47:53  1860kg   0-100km/h5.2秒

トルコンAT仕様は、AT用のエンジンはウエットサンプ、レイアウトもオーソゾックスに、エンジン直後にATミッションがあり、 
前後重量配分は、49:51  1880kg   0-100km/h5.6秒

ミッションの乗り味など、好みが分かれるところですね。






55901449177__6CA9DD33-D6A0-44BD-B85E-8BB6BBE23840.jpg
↑別アングルから、ミッション
クワトロポルテのクラッチ交換は、
後ろから、トランクルーム内のスペアタイヤケースを外し、ミッションを後方に移動させるのがポイントです。

ミッションマウントが見えますね
フロントから、 エンジン・クラッチケース・トルクチューブ・ミッションが、リジット、一つの塊になり、
エンジン後方に左右マウントと、ミッション前方に左右マウントがあり、4点支持となっています。





55901501143__34DA0900-806E-40C3-9F9A-37E3B9308404.jpg
新品の、クラッチカバーキットとフライホィール
クラッチキットの中には、乾式クラッチが2枚です。





55929969253__7836DF50-F44E-446B-B78B-E5566A73ADED.jpg
これは、初めて見ました、トルクチューブの中、
意外とドライブシャフトは細いですね

アイドリングで停車中、車体の下で、「コロコロ」「ゴロゴロ」「ガラガラ」鳴っていたのは、
このトルクチューブの中のベアリング不良
シャフトを抜いで、ベアリングを回してみると、偏心していました
このトルクチューブは、めちゃくちゃ高価です
スポンサーサイト

category: マセラティ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/433-dc93a0fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック