FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

G63  

CIMG3598.jpg
正真正銘、フルモデルチェンジした
新型 G63 AMG

事前に、ネット等の写真で見ていた雰囲気より、
実車は、いい雰囲気、全てが新しく、大きくなった感じです。




Gクラスがデビューしたのは、1979年(W460)
そして、先代のGクラスのデビューが、1990年(W463)
W460とW463の違いは、オーバーフェンダーとサイドステップ、フルタイム4WDぐらいでした。

先代のW463デビューから数えても、28年ぶりのフルモデルチェンジ
30年近く、ほぼ同じボディだった事も、他に例はありません。
驚異的なモデルサイクルで、なおかつ先代最終モデルまで人気を持続させていました。
ちなみに、G63 6X6(6輪車)が出たのは、2014年でした


先代の同じG63モデルと比較して、長さ30cm、幅12cm大きくなり、
ボディも大きくなりましたが、室内も大きくなりました。
旧ゲレンデは、オーバーフェンダーにはなっていましたが、ボディは、細くて小さい車でした




CIMG3599.jpg
サイドシルエットは、ゲレンデそのもの

10年ぐらい前から、何度も、モデル消滅やフルモデルチェンジのうわさがありましたが、ついに出ましたね



G63.jpg

四角いシルエット、背面タイヤやルーフレール、飛び出したドアヒンジ、

古いデザインを継承するのは難しいところだったと思いますが、
ゲレンデの、歴史とアイデンティティは受け継がれています。







CIMG3602.jpg





CIMG3605.jpg

センターの吹き出し口の間の一等地には、3つのデフロックスイッチ
3つともロックすると戦車のように走れますが、使う事はないでしょう
100m防水の高級ダイバーウォッチのように、100m潜る事なくても街中でつけている感覚でしょうか?


メーターとナビモニターは、最新メルセデスらしく、フル液晶モニター
最近は、モデルチェンジごとに、ステアリングのスイッチが増えてる気がします。



CIMG3597.jpg

エンジンは、AMG最新 バンクインツインターボのV8、4000cc 585PS

先代のG55ぐらいまでは、いい感じで面白いのですが、G63は明らかにオーバーパワーで、ふらつきも大きく感じ、
どうしても古さを感じ、それが独特な感じで、人気もあったのですが、
新型は、ふらつきもなく、乗り味の全てが新しい!






G631.jpg
早速、シャーシ廻りも、ガラッと変わったと言われる、下廻りを見てみましょう。





G632.jpg
左フロントアングル
フルモデルチェンジで、軍用車のような車軸式アクスルから、ついにダブルウィッシュボーン式サスペンションになりました
これにより、オンロード性能が飛躍的によくなりました。





G633.jpg
右フロントアングル






G634.jpg
リヤは、先代と同じ、車軸式アクスルです

車軸式アスクルの方が、極悪路では足がよく伸びるという理屈です。





G635.jpg
左リヤアングル





CIMG3594.jpg
ラダーフレームは残っています。
ミッションは9段になり、ミッション右には、AMG専用ミッションオイル用水冷オイルクーラーが装備されています。





CIMG3608.jpg
安心して下さい!
飛び出したドアヒンジは付いていますよ

面白いのは、先代はフラットのパネルに両面テープでモールが付いていましたが、
新型は、パネルが盛り上がっています



スポンサーサイト

category: ベンツ Gクラス

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/436-16cd07ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック