FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

Sクラス(W222) 4輪ホィールアライメント  

CIMG2873.jpg

最近1週間で、現行Sクラス(W222)の、4輪ホィールアライメント測定・調整を、続けて3台作業しました!

S550(W222) 12万キロ走行車 症状 左流れ、
 左右フロントテンションロッドブッシュが完全にちぎれていたので交換後、アライメント測定
 リヤスラストアングルがかなり左に振っていて、右に走るよう調整していたようでした(フォークリフトの原理)
 リヤトー調整スラストアングルを適正にして、左フロントキャンバー調整しました
 納車直後、お客様から絶賛のお電話をいただきました。

S63(W222)ローダウン車 症状 左流れ、
 左フロントキャンバー調整

マイバッハ(W222) リヤタイヤ(ランフラット)交換時、極端な内減りにてワイヤー露出切れパンクにて入庫
 リヤがトーアウトでした
 フロントも極端なトーインでした。

今回の3台の、現行Sクラス(W222)は、新車より1度もアライメント調整はしておらず、もちろん事故車でもありません。
現行Sクラスのアライメントは今までも作業していますが、立て続けに3台はめずらしいかな
3台とも、バッチリ自信作となりました。
また、勉強になった3台でした。

適正なホィールアライメントは、
①走行時の左流れを抑える、ハンドル位置調整
②タイヤの寿命を延ばす
③燃費の向上
④操作性向上
⑤サスペンションの点検、パーツの劣化と摩耗を減少させる
になります。

現行Sクラスも、4輪ホィールアライメント測定・調整の価値がある事が 改めてわかりました。







IMG_0528.jpg
スポンサーサイト

category: 4輪アライメントサービス

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/438-fe83cf8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック