FC2ブログ

ピットクルー ブログ 2

堺市で輸入車専門 車両販売、整備・修理、鈑金・塗装、カスタム

ベントレー エンジン脱着  

CIMG3826.jpg
ベントレー コンチネンタルGT
6.0リッター W12 ツインターボ 560ps  6AT 4WD

`03デビューのベントレー
今回は、エンジン脱着しての修理作業になります
W12ツインターボ、さらに4WDなので、エンジンルームには隙間はありません

ちょっとした作業も、エンジン脱着になります

↑写真は、フロントバンパー(社外品)の、丸4灯の形状から、かろうじてベントレーとわかります



CIMG3827.jpg
フロントセクションを取外した際のアングル
最近は、ラジエター・コンデンサー、電動ファン、コアサポートが一体となり、
フロントセクションにて、ごそっと取外すレイアウトが多いです

正面からのアングルで、V型エンジンに見えますが、W型エンジンです
(やたら、薄くて幅の広いオイルパンです)

元々は、フォルクスワーゲン開発の、狭角V6エンジンVR6からきて、
その外観は直4エンジンに見えますが、V6エンジン、
ひとつのシリンダーブロックに、互い違いにピルトンが6こ並び、クランクからのコンロッド形状はV型に見えます
エンジンヘッドもひとつです
FF横置きエンジンで、ワゲーンゴルフの他、ベンツのVクラスにも搭載されました

このVRエンジンを合わせたエンジンが、W12
フォルクスワーゲングループの、トゥアレグやアウディA8、ベントレーに搭載され、
究極は、ブガッティヴェイロン16.4   8リッター W16 4ターボ 1001ps 4WD ですね






CIMG3832.jpg
↑ようやく、降りました
エンジン・ミッション、フロントサブフレーム、フロント足廻りAssy で、降ります






CIMG3835.jpg
↑エンジン左サイドアングル
幅広ヘッドのW12エンジンのボディとの間の狭い空間の両サイドにターボを取り付ける為、レイアウトに苦労している形跡があります





CIMG3836.jpg
↑右サイド





CIMG3840.jpg
↑右バンク
幅広のヘッドカバー上に、互い違いにダイレクトイグニッションコイルが6個並んでいます。







↓追記あり
追記

CIMG1702.jpg
↑写真はアウディの物ですが、
今回のベントレーと、同形状の、ZF社製6速AT+4WD

ミッション単品での形状がわかります
フロントデフが一体式で形成されています





CIMG1705.jpg







CIMG1704.jpg
トルクコンバーターを取外したところ
フロントデフのドライブシャフトが貫通しています。







AT4WD.jpg






CIMG1714.jpg
スポンサーサイト

category: ベントレー 

tb: 0   cm: 1

コメント

お尋ね事

初めまして、突然のメール失礼いたします
私は、宮崎県で自動車整備をしております、KMファクトリーと申します
いつも、ピットクルー様のプログ拝見しております
側で、プログ内のAMG、63NAカムアジャスター交換を拝見いたしました

私の工場にも同じ作業の仕事が入り、参考にさせていただいております。
作業に当たり紹介された、赤色の
カムシャフトを固定する、専用工具
がありません、もしよろしければ、工具の購入先、工具の品番など交換方法など、教えていただければと
思い連絡させて頂きました、よろしくお願いします

よろしくお願いします。

KMファクトリー #- | URL
2019/01/18 14:56 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inazumi1723.blog.fc2.com/tb.php/446-c6df0d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック